GJ > 競馬ニュース > モズアスコット敗退騎手
NEW

JRA「モズアスコットOP負け」騎手が「悔しさ」吐露……オーストラリア武者修行で一気の飛躍を

【この記事のキーワード】, ,
JRA「モズアスコットOP負け」騎手が「悔しさ」吐露......オーストラリア武者修行で一気の飛躍をの画像1

 今年3年目、現在オーストラリアで活躍中の坂井瑠星騎手が、モズアスコットが安田記念を制覇する一週前の安土城ステークスに乗り、負けたことについて、自身のもつコラム内で騎乗内容を自己批判していた。競馬ファンの間では坂井瑠星騎手のその潔さに対して好感度が高まっているという。

 能力の高さから安田記念を目指していたモズアスコットだったが、オープン入りした去年の11月以降、3走連続重賞を取りこぼして賞金を加算できなかったため、陣営は安田記念1週前の安土城S(OP)に出走し異例の連闘をかける作戦。ここを勝たなければ安田記念を除外されて出走できない可能性が高いので、当然必勝態勢である。そのジョッキーに坂井騎手が指名されたのだが、レースは1枠1番だったがスタート出遅れ、大外を回って2着敗退。レース後、ファンやマスコミの批判に晒されてしまったのは言うまでもない。騎乗依頼した矢作調教師も「騎乗がヘタだった」と発言したほど。

 なんとか回避馬が出てくれたおかげでモズアスコットは次の安田記念に出走できたが、もし出られなかったらどれほど批判が続いていたことか。

「モズアスコットが連闘で安田記念に向かい、C.ルメール騎手で初重賞勝利ならびに初G1制覇すると『G1勝てる馬が、なぜ前走オープンレースを落としたのか?』と、またもや坂井騎手へのバッシングが再燃していましたね」(競馬記者)

 今回、すこし時間が経ち、あらためてあの時どういう状況であったのかを、冷静に坂井騎手が競馬サイト「netkeiba」の自身のコラムで書いている。

 自分なりにレースプランのパターンを考えて臨んだもののまさかの”痛恨の出遅れは、緊張で自分が少し硬くなっていたから”だと語る坂井騎手。

JRA「モズアスコットOP負け」騎手が「悔しさ」吐露……オーストラリア武者修行で一気の飛躍をのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!