GJ > 競馬ニュース > 北村宏司「落馬重傷」の容態
NEW

JRA北村宏司「落馬重傷」の容態、そして全容……「騎乗停止」C.ルメール騎手だけでなく”連鎖”してしまったアクシデントの数々

【この記事のキーワード】, , ,
JRA北村宏司「落馬重傷」の容態、そして全容......「騎乗停止」C.ルメール騎手だけでなく連鎖してしまったアクシデントの数々の画像1

 先週2日のレースで落馬負傷し、戦線離脱を余儀なくされた北村宏司騎手。

 船橋市内の病院に搬送された北村騎手は頭部外傷、意識障害、右側頭骨陥没骨折の疑いがあるとのことで当日、翌日の全騎乗馬が乗り替わり。心配しているファンも多いに違いないが、ようやく「詳しい容態」とともにアクシデントの「全容」が見えてきた。

 北村騎手にとってこの日、最初のレースとなった中山1R。

 1番人気のタマノカイザーに騎乗していた北村騎手だが、最後の直線で最内にいたところを、C.ルメール騎手の左ムチにヨレたノワールムーティエと接触。内ラチと挟まれるような格好になって、馬とともに転倒した。

 この結果、ルメール騎手には競馬開催4日間の騎乗停止処分が下ったが、どうやらルメール騎手と接触して落馬した際、北村騎手はまだ軽傷だったようだ。

「北村騎手にとって不幸だったのは、落馬事故が先頭集団で起こったことです。ルメール騎手と接触して落ちた直後は、まだほぼ”落ちただけ”だったんですが、馬群が殺到する最内だったこともあって、後続の馬たちが次々と駆け抜けて行きました。

その中で北村騎手を避けられなかったのが、木幡育也騎手のディーエスマグナムと戸崎圭太騎手のショウナンランナー。ちょうど北村騎手と一緒に倒れていたタマノカイザーに乗り上げるような格好で、木幡騎手も落馬してしまいました。北村騎手のケガの大多数はその時の接触によるもののようです」(競馬記者)

 だが、最後の直線で北村騎手が落馬した際、ディーエスマグナムとショウナンランナーはかなり後方にいた。

 この時期のダート中距離の未勝利戦らしく、「勝負になる馬」と「そうでない馬」との差が大きく開いていたのだ。馬群はその分縦長で、わずか数秒ながら木幡、戸崎両騎手には「回避するだけの時間」があったはずだった。

JRA北村宏司「落馬重傷」の容態、そして全容……「騎乗停止」C.ルメール騎手だけでなく”連鎖”してしまったアクシデントの数々のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感