GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 有名パチンコ系まとめサイト管理人が内情を告白
NEW

最高月収「200万円」以上!? 有名パチンコ系まとめサイト管理人が内情を告白

【この記事のキーワード】, ,

最高月収「200万円」以上!? 有名パチンコ系まとめサイト管理人が内情を告白の画像1

 SNS上などの各種つぶやきをまとめる「まとめサイト」。パチンコ・パチスロにもまとめサイトは複数存在し、ここでピックアップされたが故に炎上したライター・演者も少なくない。

 人気ライターで映像制作会社の社長も務めるヒロシ・ヤング氏の主宰YouTube「ヤングちゃん、寝る」内の動画では、そんな某まとめ系サイトの管理人が登場。業務内容や収入、過去に閲覧数が多かった記事など、気になる内情を赤裸々に語っている。

 その管理人は元々サラリーマンだったそうだが、親の介護を理由に退職。介護をしながらできる仕事としてまとめサイトを立ち上げたそうで、当初はパチンコ・パチスロ系以外のジャンルを運営していたものの、「疲れちゃった」ことが原因でサイトを「490万円」で売却したそうだ。

 その後、ヤング氏の盟友である大崎一万発氏と、とある飲みの席で一緒になり、「パチンコ業界を盛り上げてくれよ」とパチンコ系のまとめサイトを提案されたとのこと。管理人は、それをきっかけに運営を始めたそうだが、結果的に、その大崎氏が数度炎上しているだけに、ヤング氏は撮影スタッフと共に「知らずに自分に向かって矢を放った」と大笑いした。

 業務内容については「一日中(パソコンの前に)へばりついている」と思われがちだが、「新台が出る前後くらいはバイトと打ち合わせをする」以外は「一日中、ゲームをしている」と告白。厳密には酒とゲームの合間に仕事をしているそうで、情報に関しては「気に入らないから燃やしてくれ」などと「提供者がいる」とし、「当事者が他人のフリをして情報をくれる」ケースもあるそうだ。

 そういったなりすましのDMは、「文脈と圧でなんとなく分かる」と説明。これに対してヤング氏は「メールとかの文脈を読み取る能力は(自分には)ない」「鈍感」とし、管理人には「霊的なセンサーがある」「なんとなく察しがいい」と感心した。

 過去に一番、反響があった記事は人気ライター同士の離婚だったそうで、他の閲覧数上位は「上乗せがすごかった」などの「機種系が多い」とのこと。記事がバズっても「30,000円くらい」の収益だそうだが、それが積み重なることで、多い時には「月200万円」以上になることもあるそうだ。

 また、番組最後でヤング氏が「今後、出てくるかも的なラージなネタ」と質問した際には、「某演者さん、もう一度炎上」との爆弾を投下。撮影スタッフらが笑いながら「こわっ」とする中、ヤング氏は「…だそうです。失礼します」と頭を下げ、早急に番組を締める場面もあった。

(文=編集部.)

最高月収「200万円」以上!? 有名パチンコ系まとめサイト管理人が内情を告白のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合