GJ > 競馬ニュース > 【NHKマイルC】ファンの興味は「15番枠」が1番人気?
NEW

【NHKマイルC】ファンの興味は「15番枠」が1番人気?固唾をのんで待つ運命の枠順発表…ただの偶然で済まされない「幸運」を手にするのはどの馬か

【この記事のキーワード】, ,
テーオーロイヤル 撮影:Ruriko.I
テーオーロイヤル 撮影:Ruriko.I

 先週末の京都競馬場で行われた天皇賞・春(G1)を好位から力強く抜け出す横綱相撲で押し切ったテーオーロイヤル(牡6、栗東・岡田稲男厩舎)。近年は珍しくなりつつある晩成タイプのステイヤーが淀の長距離戦で思う存分に能力を発揮した。デビュー13年目にして待望のG1タイトルを手に入れた主戦の菱田裕二騎手と同じく、人馬ともに嬉しい初戴冠となった。

 現役トップクラスの馬が多数ドバイワールドカップデーに遠征、大阪杯(G1)をステップに参戦した馬がタスティエーラのみと、まだ天下を取ったと言い切れない相手関係はあるにせよ、伝統の一戦で文句なしの強さを見せたのだから価値がある。

 長距離軽視の風潮をひしひしと感じる昨今ではあるが、後方待機策を採った馬が最後の直線で台頭するタフな展開を尻目に好位から堂々と抜け出した底力は、豪華メンバーが集結しそうなグランプリ・宝塚記念(G1)に出走しても勝ち負けを期待出来そうだ。

 もちろん、テーオーロイヤルの勝利は実力以外の何物でもないのだが、先週木曜に発表された天皇賞・春の枠順で14番を引き当てたことは一部のファンの間で話題となった。

 というのも今春のG1でちょっとした怪現象が発生していたからに他ならない。以下はここまで終了した平地G1で馬券圏内に好走、かつ条件を満たした馬たちの顔触れである。

■2024春G1で馬券圏内に好走した馬

フェブ 1着ペプチドナイル(9番、11番人気)
高松宮 3着ビクターザウィナー(10番、5番人気)
大阪杯 1着ベラジオオペラ(11番、2番人気)
桜花賞 1着ステレンボッシュ(12番、2番人気)
皐月賞 1着ジャスティンミラノ(13番、2番人気)
天皇春 1着テーオーロイヤル(14番、1番人気)
※フェブ=フェブラリーS、高松宮=高松宮記念、天皇春=天皇賞・春

 こちらについては、すでにSNSでも話題になっているのだが、9→10→11→12→13→14と3着以内に入った馬の番号がひとつずつ増えている。ビクターザウィナーの着順は3着だが、気にする必要はない。

 正直、「この偶然の一致にしては、あまりにもデキ過ぎている」怪現象について、さすがにそろそろ途切れるタイミングだろうと半信半疑だった訳だが、「幸運枠」にテーオーロイヤルが入ったことで一気に信憑性が増した。

 それでも……と思いつつも5馬身差の楽勝を決めた阪神大賞典(G2)の走りを見せられていたため、何となくまた勝ちそうな予感がしたら実際に勝ってしまった。公正競馬がモットーの日本中央競馬会様が、現実にそんなことを考えているはずはないのだが、サイン馬券ファンにとっては、それ見たことかといえるような結果だったのではないか。

NHKマイルCで幸運を手に入れるのはどの馬か

 ただこういうのは複勝転がしのようなもので、いつまでも続くことはない。さすがに6回連続で発生した事実は無視できないため、今週のNHKマイルC(G1)でもファンの興味は枠順確定が1番人気となるかもしれない。

 木曜に枠順が確定する天皇賞と違い、NHKマイルCの場合は金曜に発表される。怪現象が続いているだけに、15番枠を引き当てた馬により一層の注目が集まるだろう。

 もし上位人気必至のジャンタルマンタルやアスコリピチェーノが15番枠を引くと、人気に拍車が掛かりそうだが……。

運命を分ける3日の枠順発表。固唾をのんで見守りたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【NHKマイルC】ファンの興味は「15番枠」が1番人気?固唾をのんで待つ運命の枠順発表…ただの偶然で済まされない「幸運」を手にするのはどの馬かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想