GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 「現代の梁山泊って呼んでもいい」人気お笑い芸人が『北斗』シリーズを簡単に攻略…
NEW

「現代の梁山泊って呼んでもいい」人気お笑い芸人が『北斗』シリーズを簡単に攻略… ここまで登りつめたのは「パチンコのお陰」…?

【この記事のキーワード】, ,

「現代の梁山泊って呼んでもいい」人気お笑い芸人が『北斗』シリーズを簡単に攻略… ここまで登りつめたのは「パチンコのお陰」…?の画像1

 M-1グランプリ2009・2010・2015・2016・2021のファイナリストで、数々の番組に出演。コラム執筆や漫画の原作も手掛けるなど、多方面で活躍中のお笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気は実のところ、パチンコ好きとしての顔も持つ。

 過去にはインターネットテレビ局「ABEMA」の人気番組「チャンスの時間」内での企画「パチフェッショナル」にも出演しており、ここで岩井は「10代の頃からパチンコをやっていた」と告白。「パチンコ屋さんで働いていた」こともあるそうだ。

ハライチ岩井のパチンコルーティン

 そんな岩井はパチンコへ行く際、「朝から食べないようにする」のが基本。その理由は「台が、こいつ満たされているか、満たされてないかみたいなを見ている」からだそうで、「お腹が空いてる、ハングリーな状態で行く」ことで、台に「この人、満たされてないな。じゃあ玉を出してあげよう」と思わせるのだという。

 入店時にもこだわりがあり、まずは店内を1周して店外へ。これには台に「今日、打ってくれないんだ」「打たないで帰るんだ」「ダメだったかな」と「寂しい気持ち」にさせる効果があるとし、しばらくして戻ることで「戻ってきてくれた。この人には出してあげようって気持ちになる」と熱弁した。

 また、岩井曰く、台の上には全ての運を司る機関として「運営」があるそうで、「これに全部の行いとかが見られている」とのこと。「台が、それを感知して見て、運営に伝えている」ことから「運営に逆らっちゃいけない」とし、それを意識してか、打つ際は「店員さんが作業をしやすい」ように「ちょっとだけ、椅子の右に座るようにしている」のだそうだ。

「パチンコ台だけは、自分の味方」

 デビューから早くして売れた印象があるハライチだが、「お笑いを初めて2年目くらい」で初出演したNHKの「爆笑オンエアバトル」では、「渾身の漫才を披露したつもり」が、「めちゃめちゃ低い」評価だったという。その帰り道、岩井は「渋谷のパチンコ屋さんに寄った」ところ、「かつてないくらい」爆裂。当該番組は客が玉を入れて審査するというシステムだっただけに、「その時、お客さんは俺らの漫才で全然、玉を流してくれなかったけど、パチンコ台だけは『お前ら、面白かったぞ』と玉を流してくれた」と感じたそうで、「自分の意志を曲げずに漫才を作り続けて、翌年にM-1で結果を残せた」と当時を振り返った。

「パチンコ台だけは、自分の味方」「現代の梁山泊って呼んでもいい」。そう語った岩井は当動画にて、サミーの『P真・北斗無双Re:319ver.』で1万発を獲得。現在、ハライチはフジテレビ系列で昼の帯番組「ぽかぽか」の司会を務めているが。ここまで登りつめたのは、パチンコのお陰なのかもしれない。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

「現代の梁山泊って呼んでもいい」人気お笑い芸人が『北斗』シリーズを簡単に攻略… ここまで登りつめたのは「パチンコのお陰」…?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合