GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 1月にパチンコホールが大量閉店…その悲劇は夏にも? 大御所ライターが業界の未来を予想
NEW

1月にパチンコホールが大量閉店…夏の〇〇でさらなる悲劇も? 大御所ライターが業界の未来を予想

【この記事のキーワード】, ,
1月にパチンコホールが大量閉店…夏の〇〇でさらなる悲劇も? 大御所ライターが業界の未来を予想の画像1

 2024年1月、東京都の「ジャパンニューアルファ池袋店」や「アクセス竹の塚店」、神奈川県の「キング横浜西口店」や「スロットキング横浜西口店」、千葉県の「やすだ四街道店」など、多くのパチンコホールが閉店した。その数は、火災での休業1店舗を含めて計46店舗。ひと月でこれだけの数が閉店するケースは極めて異例だ。

スマスロ・スマパチの導入は「初期投資がかさむ」

 ベテランライターのヒロシ・ヤング氏は、この話題を主宰YouTubeチャンネル「ヤングちゃん、寝る」内の人気企画「パチ裏ワイドショー」でピックアップ。大量閉店の理由についても考察している。

 次世代遊技機「スマートパチンコ」や「スマートパチスロ」の導入には専用ユニットが必要だ。スマパチやスマスロには様々なメリットがあるものの、初期投資がかさむ。故に、このタイミングで廃業を決めたホールも少なくなかったが、ヤング氏によると、今回のタイミングで閉店したホールは「スマパチ・スマスロに期待をかけたんだけど、やっぱり無理だったっていうお店」だという。

 1月での閉店という時期に関しては、「お正月」がポイントと発言。「普段よりも何10%もお客さんが増える」とし、「取れるだけ取ってヤメましょうというのが、このタイミングだと思う」と続けた。

 また、ヤング氏は夏に訪れる大問題として、新紙幣の移行についても言及。キャッシュレス化が進む中でも、パチンコ業界は「法律上の問題」などで「いまだ現金商売」とし、「その前、5月とか6月とかに、また閉店ラッシュが来る」と予想した。

「ここでパチ屋閉店ラッシュは底を打つ」との予測も

 その理由として、ヤング氏は「新紙幣を識別するために機械の一新が必要」と説明。経費は「新しめの紙幣識別機なら、ソフト書き換えで済むので、1台あたり約1万5,000円から約2万円」だそうだが、「古い識別機だと1台あたり約5万円はかかる」のだという。

 仮に新しめの紙幣識別機であっても600台規模のホールであれば約1千万円、古い識別機を500台交換するとなると約2,500万円の出費だ。ヤング氏は窮余の策として「新1万円札を旧千円札10枚に逆両替する」ホールも出てくるかもしれないとしたが、「面倒くせえじゃん」「それだけで大きなウィークポイントになる」と述べた。

 一方で、ヤング氏は「ここでパチ屋閉店ラッシュは底を打つ」とも予測。「業界の再編が終わった」後は「今よりも大手チェーン店の占める割合が増える」とし、「小っちゃい店の独自な取り組みみたいなのが面白かった。風情や味わいもあったのに、無色透明になる。おじさんとしては寂しい」と嘆いた。

 なお、当動画ではパチンコ台の上皿に接着剤を流し込んだことで82歳の無職男性が逮捕された件などについても触れている。これらを含めて、興味のある方は是非ともご視聴いただきたい。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

1月にパチンコホールが大量閉店…夏の〇〇でさらなる悲劇も? 大御所ライターが業界の未来を予想のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合