GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > ○○な天井がオイシイ狙い目に!?
NEW

【スマスロ】○○な天井がオイシイ狙い目に!? 天井恩恵で「一撃4000枚オーバー」も

パチスロ遊技イメージ
パチスロ遊技イメージ

 5号機の全盛期までに比べると、現在は「天井狙い」がしにくい環境といえるかもしれない。

 インターネットの利用が当り前になった今では、天井に関する情報が浸透していてプレイヤーのリテラシーが上がっている印象。「期待値」という言葉も常識のひとつになったのかもしれない。

変則的な天井ほど狙いやすい

 天井情報といっても、最近のマシンは変則的なシステムのものも多く、把握するためにはそれなりに調べないといけない場合もある。たとえば、朝イチだけ天井が短縮されたり、ATスルー時のみ天井短縮が発生…と機種によってバラバラなのである。

 メイン機種『スマスロ北斗の拳』の朝イチ恩恵を狙う立ち回りが非常に有効な時期もあった。同マシンはリセットで天井が1268Gから800Gに短縮され、朝イチ200Gでヤメられていれば、通常約650Gハマり相当の期待値が発生する。

 4月3日で『スマスロ北斗の拳』はリリースから1周年を迎えた。スタンダードなマシンだけに天井情報は多くのスロッターにとって常識の範囲になっているのか、最近では朝イチのハマり台を見かけなくなって久しい。

 最近でいえば、大都技研の『吉宗ライジング』がチャンスだろうか。本機は設定変更時やATスルー時には1200Gからに天井が短縮。ゲーム数当選は300Gまでに濃いゾーンが凝縮されているため、スルー後300Gといった台を見かけることもある。

 誤解を恐れず言ってしまえば、こういった変則的な天井情報は「ややこしい」のだ。パチスロガチ勢の筆者ですら「あれ?この機種にこんな天井短縮なんてあったっけ?」と混乱してしまうことがある。

 逆に言えば、変則的な天井はそれだけ狙いやすいともいえるだろう。意外な機種にも変則的な天井が採用されていることもある。

予想以上のロングATで大量出玉をゲット!

『L主役は銭形4』実戦画像
『L主役は銭形4』実戦画像

 先日、フラッとホールを覗くと『L主役は銭形4』の朝イチ240Gハマりを発見した。液晶を見ると480ガッツとなっており、恐らく450ガッツのゾーン抜けでヤメたのだろう。

 本機はリセット時、天井が最大899ガッツに短縮される。短縮されていなければ750ガッツは欲しいところだが、朝イチであればお宝台。打ち始めると650ガッツのゾーンでATに当選し、あれよあれよとゲーム数が乗っていき予想以上のロングATとなった。

 上位ATにも到達し、最終的な獲得は4412枚。今回は天井短縮の恩恵でオイシイ思いをできたが、変則的な天井のマシンはヤメ時に注意である。

大松

大松

4号機『大花火』でホールデビューし、『パチスロ北斗の拳』でドハマリ。G&Eビジネススクール卒業後、プログラマーや事務職を経験。現在はライティング業務に従事する傍ら「パチスロガチ勢」として活動中。パチMAXでは主にハイエナ実戦記事や動画レビュー記事を担当。常に攻略情報に注目しており、「6号機でも勝てる」を心情に有益な情報を紹介中。

Twitter:@ohmatsuGJslot

【スマスロ】○○な天井がオイシイ狙い目に!? 天井恩恵で「一撃4000枚オーバー」ものページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合