GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 現役店長『カバネリ』が流行った理由を解説
NEW

パチスロ現役店長『カバネリ』が流行った理由を解説!! 「設定1でも打ちたい」理由とは?

パチスロ出玉画像
パチスロ出玉画像

■『カバネリ』が流行った理由とは?

 歴史的な名機となった『パチスロ甲鉄城のカバネリ』(サミー)。スマスロ環境となった現在でも未だにメイン機種として扱うホールが存在するほどその人気は根強い。

『パチスロ甲鉄城のカバネリ』の導入店舗についてはコチラから!(「P-WORLD」)

 STで疑似ボーナスを連チャンさせるタイプのマシンは「カバネリタイプ」とも言われる通り、パチスロの型を作った機種でもある。スマスロとしてもカバネリタイプのマシンはあるし、今後も登場していくだろう。

 思えば不思議である。STで疑似ボーナスを連チャンさせるタイプのマシンは『パチスロ甲鉄城のカバネリ』よりも前に存在したはずだ。

■『HEY!鏡』も似たタイプだが…

 6号機第1弾の『HEY!鏡』もゲームフローとしては非常に似ている。ドライブゾーンで慶志郎チャンスを当てるゲーム性だ。サミーの『パチスロチェインクロニクル』も同様、CZと疑似ボーナスを繰り返しロング継続を目指すタイプである。

STやドライブゾーンなどいわゆる減算区間を採用する上で、それをどう楽しませるかという課題は6号機初期から存在していた。

 それでも『パチスロ甲鉄城のカバネリ』ほど支持されたマシンは生まれなかったのだ。

■人気番組で『カバネリ』が流行った理由を解説

 YouTubeチャンネル「パチ屋と無職のすろよいトーク」では興味深いトピックを取り上げていた。5月28日に配信した動画では『パチスロ甲鉄城のカバネリ』が流行った理由について解説されているのだ。

『【真相に迫る】カバネリが流行ったのは設定が使われていたから?本当の理由について現役パチ屋店長が解説します。』より
『【真相に迫る】カバネリが流行ったのは設定が使われていたから?本当の理由について現役パチ屋店長が解説します。』より

 詳しくは動画をご覧いただきたいが、「カバネリは設定が入っていたから流行った」というユーザーの意見を検証する内容となっており、様々な機種と比較し進行する。

 振り返れば『パチスロ甲鉄城のカバネリ』と同時期にリリースされたマシン『パチスロ犬夜叉』『パチスロアクエリオン ALL STARS』も印象深いマシンだった。

 稼働の高さでいえば導入からスタートダッシュを決めたのは『パチスロ犬夜叉』である。6.5号機までは滅多に見ることが出来なかった「万枚の報告」が同マシンでは見られるようになった。

■一番目立たなかったのが『カバネリ』?

 むしろ3機種の中で一番目立たなかったのが『パチスロ甲鉄城のカバネリ』だ。コンテンツの知名度も関係していたかもしれないが、ダークホースとして扱われていた印象。そこからジワジワと人気が伸びていき、気づいたら増台に次ぐ増台となった。

 6.5号機は人気の低迷していたパチスロ分野の救世主として登場。力を入れていたホールも多く、設定状況でいえば『パチスロ犬夜叉』もアマく使われていた印象だが、『パチスロ甲鉄城のカバネリ』ほどのロングヒットにはならなかった。

 なぜ『パチスロ甲鉄城のカバネリ』は伝説的なヒットになったのか。気になる方・興味のある方は動画をチェックしてみてはいかがだろうか。

大松

大松

4号機『大花火』でホールデビューし、『パチスロ北斗の拳』でドハマリ。G&Eビジネススクール卒業後、プログラマーや事務職を経験。現在はライティング業務に従事する傍ら「パチスロガチ勢」として活動中。パチMAXでは主にハイエナ実戦記事や動画レビュー記事を担当。常に攻略情報に注目しており、「6号機でも勝てる」を心情に有益な情報を紹介中。

Twitter:@ohmatsuGJslot

パチスロ現役店長『カバネリ』が流行った理由を解説!! 「設定1でも打ちたい」理由とは?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合