NEW

JRA田中博康厩舎「超速3勝」で出世確定か……調教師に至った経緯としたたかな「システム」

【この記事のキーワード】, ,
JRA田中博康厩舎「超速3勝」で出世確定か......調教師に至った経緯としたたかな「システム」の画像1

 今、田中博康厩舎が熱い。

 今年の3月から開業した新人調教師であるが、すでに3勝をマークしている。順調な武幸四郎厩舎が3勝で、開業前は注目度が低かった田中博調教師も同じ勝ち数であるのは、上々の滑り出しである。勉強熱心であるがゆえに、関係者の評判もよく、開業前からエイシンの栄進堂、サトノの里見治オーナーの協力を取り付けた。当然良い馬がまわってくるが、その想いに応えて結果を出す田中博調教師もさすがである。

 そんな彼がジョッキーから調教師へ転身しようと思ったのはいつから、どういうキッカケだったのだろうか。

「田中博康調教師のジョッキー時代といえば、2009年のクイーンスプマンテでエリザベス女王杯を勝ち、大穴を開けた事がクローズアップされますが、シルクメビウスという馬の主戦ジョッキーであり、ダートのユニコーンSや東海Sを優勝、ジャパンカップダート2着等、ダート戦線でも活躍していました。ですが2010年、人気にはなるシルクメビウスを3着にも持ってこられないレースが2戦続いた彼は、次のレースから乗れなくなります。

翌年の2011年、武豊の勧めもあり、ヨーロッパへ一年間の武者修行へ旅たちました。温厚な性格が裏目に出ているので、技術向上だけでなく、メンタル面を強化する為にも、敢えて日本とは違う環境に身を置いてみたのです」(競馬記者)

 しかし、そこで田中は想像以上の刺激を受けることになったという。

JRA田中博康厩舎「超速3勝」で出世確定か……調教師に至った経緯としたたかな「システム」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA京都記念(G2)エフフォーリア横山武史に別れの予感!? 愛ゆえに発生したクラシック候補の鞍上問題、代役を任されたのは意外なビッグネーム
  2. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  3. JRA武豊インティ級の新星登場か、「低レベル」コントレイル世代から遅れてきた大物が登場? ヴェラアズール、ジュンライトボルトに続いた「三番目の風」
  4. シルクロードS(G3)ナムラクレア、マッドクールも危うし!? 今村聖奈のテイエムスパーダも被害、「ルーティン崩れ」で独壇場に黄信号
  5. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  6. JRA根岸S(G3)テイエムサウスダンは「転厩」で消し? 無視できぬデータから浮上した「オイシイ実力馬」とは
  7. 北島三郎オーナーが激怒か……キタサンブラックを「邪魔」したアノ馬に「勝てもしないくせに」?
  8. 第二のダイアトニック出現?まさかのコンビ解消でも目が離せない勝負師・岩田康誠
  9. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  10. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦