GJ > 競馬ニュース > 「かわいいNo.1」テンゲン  > 2ページ目
NEW

JRA「かわいいNo.1」メイショウテンゲンを侮り禁止! 皐月賞(G1)で弥生賞勝利時の「急成長」を見せつける

【この記事のキーワード】, ,

JRA「かわいいNo.1」メイショウテンゲンを侮り禁止! 皐月賞(G1)で弥生賞勝利時の「急成長」を見せつけるの画像2

 メイショウテンゲンの父ディープインパクトについては誰も不満はないだろう。母はメイショウベルーガ。5歳になってから頭角を表し日経新春杯(G2、芝2400メートル)と京都大賞典(G2、芝2400メートル)を優勝した女傑。しかし、天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)で繋靭帯を痛め競走中止、そのまま繁殖入りした。メイショウテンゲンと同じく池添兼雄厩舎所属で、主戦は池添騎手だった。

『週刊netkeiba』の取材を受けた池添調教師は「お母さんのメイショウベルーガは5歳になったくらいからさらに良くなった馬だったので、メイショウテンゲンも奥手じゃないかなと思っていたんです」と語り「ベルーガは牡馬相手に頑張ってくれていたから、その子供で何か1つ獲らせてあげたいなと思うんです」と言う。

 メイショウテンゲンは強敵相手の皐月賞でタイトルをゲットできるのだろうか。ところが、ここにきてそれが現実味を帯びてきたという。

「弥生賞では直線を力強く真っ直ぐ走れました。幼かった馬が成長し、能力を出し切れるようになってきた証拠です。しかも、2週前あたりから馬がさらに良くなっています。1週前追い切りでは弾むようなフットワークで僚馬を置き去りにしました。マスコミの注目度も俄然高くなり、陣営の士気も上がってきています。ひょっとしたら一発があるかもしれませんよ」(同)

 素質馬が競馬を覚え本気で走るようになってきたとはいえ、顔つきはまだまだ幼いそうだ。それが「かわいい!」と女性記者やレポーターの人気になっているという。3歳クラシックではレースに向けて急激に良化、オーラを放つように輝いてきた馬が優勝することがある。

 池添騎手はサトノルークスの先約があるため今回は三浦皇成騎手が騎乗する。現在リーディング8位(関東2位)と絶好調だ。”かわいい”メイショウテンゲンと自身にG1初制覇をプレゼントしたい。

JRA「かわいいNo.1」メイショウテンゲンを侮り禁止! 皐月賞(G1)で弥生賞勝利時の「急成長」を見せつけるのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】