NEW

【函館記念(G3)展望】JRA「復活」エアスピネル再始動! 毎年荒れ模様のハンデ戦!

【この記事のキーワード】, ,

の画像1

 

 7月14日、荒れるハンデ戦、函館記念(G3、芝2000メートル)が行われる。今年も波乱の結果となるのだろうか。レースを展望する。

 エアスピネル(牡6歳、栗東・笹田和秀厩舎)が昨秋のマイルCS(G1、芝1600メートル)以来8カ月ぶりにターフに帰ってくる。3歳クラシック戦線ではタイトルに手が届かなかったものの日本ダービー馬マカヒキ、菊花賞馬サトノダイヤモンドたちとしのぎを削った。重賞は3勝を上げ、一昨年のマイルCSではペルシアンナイトとハナ差の接戦を演じた実力馬。文句なしの優勝候補だ。

 ただし、マイル戦の【4・3・2・3】という実績に比べ2000メートル戦は【0・0・1・2】と心もとない。しかし、これは血統的に距離が長いという問題ではなく気性的な問題だろう。実際、全弟のエアウィンザーは2000メートル戦で4勝している。すでに6歳となり気性的にも落ち着いてきたはず。2000メートル戦は克服できると見る。

の画像2

 

 昨年の京都新聞杯(G2、芝2200メートル)の覇者がステイフーリッシュ(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)。今年の成績はG1の大阪杯(G1、芝2000メートル)こそ13着だったが中山金杯(G3、芝2000メートル)で2着、京都記念(G2、芝2200メートル)で2着、鳴尾記念(G3、芝2000メートル)で3着と実に堅実。初めての洋芝競馬でステイゴールド産駒らしいパワフルな走りに期待しよう。

【函館記念(G3)展望】JRA「復活」エアスピネル再始動! 毎年荒れ模様のハンデ戦!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】