GJ > 競馬ニュース > 「因縁」のライバルが再び激突
NEW

JRA北の大地で「因縁」のライバルがリベンジマッチ!? あのレースで物議を醸した2頭が函館スプリントS(G3)で再び激突

JRA北の大地で「因縁」のライバルがリベンジマッチ!? あのレースで物議を醸した2頭が函館スプリントS(G3)で再び激突の画像1

 21日、函館競馬場では函館スプリントS(G3)が開催される。高松宮記念(G1)で好走した馬の出走もあり、好メンバーが集まった。翌週に前期G1の総決算となる春のグランプリ・宝塚記念(G1)を控えるG1中休みの週ではあるが、秋のスプリンターズS(G1)に向けて注目のレースとなりそうだ。

 なかでも上位人気の支持が濃厚なダイアトニック(牡5、栗東・安田隆行厩舎)とフィアーノロマーノ(牡6、栗東・高野友和厩舎)の対決は非常に興味深い。

 2頭はこれまで3度の直接対決をしている。

 初顔合わせとなったのはフィアーノロマーノが制した昨年のダービー卿CT(G3)だ。このレースでダイアトニックは4着と敗れた。2度目の対決となった昨年のマイルCS(G1)ではダイアトニックが10着、フィアーノロマーノが13着。そして迎えた3度目の対決が今年の阪急杯(G3)だった。

 最も激しい争いとなり、因縁のきっかけとなったのがこのレースだ。内目を先行していたダイアトニックが、直線で一旦は外に進路を窺うも急激に内側に斜行した。その結果、同馬の直後から追い上げようとしたフィアーノロマーノの進路を妨害する格好となってしまった。

 無観客開催で行われたこともあり、被害に遭ったフィアーノロマーノに騎乗していた川田将雅騎手のダイアトニックに騎乗の北村友一騎手への怒号を中継の音声が拾ったほどの激しいレースとなった。

 これにより、3位入線したフィアーノロマーノは直線の不利がなければ先着していたと認められ、2位入線した加害馬ダイアトニックは3着に降着となり、2頭の着順が入れ替わった。因縁となったこの降着騒ぎで対戦成績はフィアーノロマーノが2勝1敗とわずかにリード。ダイアトニックとしては函館スプリントSを勝利してタイの成績に持ち込みたいところだ。

「高松宮記念で4度目の対決の可能性があった2頭ですが、フィアーノロマーノはマイラーズC(G2)を選択したため、実現しませんでした。しかし、同馬は馬場入場後に右前肢跛行を発症し、復帰戦に選んだのが函館スプリントSとなりました。

一方、ダイアトニックは無事出走したものの、今度は自身がクリノガウディーの斜行の煽りを受けて3着(4着から繰り上がり)と因果応報ともいえる結果に終わりました。

今回、函館で再び因縁の2頭がぶつかるのは、ライバル対決といった意味でも楽しみなレースといえるかもしれませんね」(競馬記者)

 また、前回の対決となった阪急杯で川田騎手が騎乗したフィアーノロマーノには藤岡康太騎手、ダイアトニックは北村友騎手から武豊騎手へ乗り替わりとなった。

 北の大地で迎える4度目の対決も激戦必至となるだろう。

 いずれも鞍上の替わった因縁のライバル2頭の戦いに大いに注目したい。

JRA北の大地で「因縁」のライバルがリベンジマッチ!? あのレースで物議を醸した2頭が函館スプリントS(G3)で再び激突のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野