GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「大ブレーキ」函館見参も...
NEW

JRA C.ルメール「大ブレーキ」で川田将雅に逆転チャンス!? 「どうしてか、よくわからない」得意の函館見参も1番人気「11回」で1勝止まり……

【この記事のキーワード】,

JRA C.ルメール「大ブレーキ」で川田将雅に逆転チャンス!? 「どうしてか、よくわからない」得意の函館見参も1番人気「11回」で1勝止まり……の画像1

「フットワークがあまりよくなかったし、最後も反応していません」

 5日に行われた巴賞(OP)で1番人気のレッドサイオンに騎乗したC.ルメール騎手だったが、中団から伸びを欠いて7着に惨敗……レース後には「どうしてか、よくわからないですね」と首を傾げる他なかったようだ。

 近年、夏の北海道競馬といえばルメール騎手の庭だ。自他共に「暑いのが苦手」と認めるフランス人騎手は、2015年にJRAの通年免許を獲得してからというもの、夏は北海道開催で勝ち星を荒稼ぎ。昨年も函館で驚異の3着以内率74.4%を叩き出すと、札幌では開催1日を残して、早々に開催リーディングを決めてしまった。

 そんなルメール騎手だが、先週は大きく精彩を欠いてしまったようだ。

「先週、今年初めてルメール騎手が函館に参戦するとあって、大きな注目を集めていたんですが、まさか土日合計で1勝に終わるとは……。関係者の間でルメール騎手の北海道での荒稼ぎぶりは有名で、今年も各陣営がルメール騎手の遠征に合わせて有力馬を用意していたんですが、1勝止まりでは不完全燃焼と述べざるを得ません」(競馬記者)

 実際に先週、土日とも函館で合計14鞍に騎乗したルメール騎手だったが、1番人気が11回と有力馬が集中。しかし、結果は【1.4.1.8】と散々で、得意の函館で勝率7.1%と大きく出遅れた。

「メインの巴賞のトーラスジェミニを始め、先週の函館は逃げ切りが多発する馬場でしたが、ルメール騎手は尽く中団や後方から競馬して届かないといった結果でした。中には積極的に早めに仕掛けたレースもあったんですが、逆にオーバーペースになって失速するシーンも……。珍しくチグハグな感が拭えない1週間でしたね」(同)

 一方、この機に乗じたのが、リーディングを争う川田将雅騎手だ。

JRA C.ルメール「大ブレーキ」で川田将雅に逆転チャンス!? 「どうしてか、よくわからない」得意の函館見参も1番人気「11回」で1勝止まり……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  7. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  8. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  9. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  10. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分