GJ > 競馬ニュース > お騒がせ馬陣営から「前代未聞」の仰天プラン!?
NEW

JRAジャパンC(G1)あのお騒がせ馬の陣営から「前代未聞」の仰天プラン飛び出した!? 話題性では「正真正銘」断然人気に…… 3強対決は早くも波乱の予感

【この記事のキーワード】, ,

JRAジャパンC(G1)あのお騒がせ馬の陣営から「前代未聞」の仰天プラン飛び出した!? 話題性では「正真正銘」断然人気に…… 3強対決は早くも波乱の予感の画像1

 またしてもあの馬が話題を独占してしまうのか。

 8冠馬アーモンドアイと無敗の三冠馬コントレイル、デアリングタクトの対決に沸く今年のジャパンC(G1)だが、『netkeiba.com』の予想オッズで一時は単勝1位倍台の圧倒的1番人気に支持されるという珍事の主役となった。

 その当事者となったのはヨシオ(牡7、栗東・森秀行厩舎)だ。

 26日現在では一転して単勝オッズ412.9倍と”定位置”に収まっているが、15年にデビュー戦の芝1200mを8着に敗れて以降、5年4ヶ月ぶりとなる芝のレース。しかも史上最高レベルの呼び声高い今年のジャパンCに登録をしてきたことはちょっとした”騒動”となった。

 しかし、予想オッズでぶっちぎりの最低人気馬へ転落したとはいえ、ここまでの調整過程には熱がこもっている。栗東の坂路4ハロンで追い切られ、月曜に51秒5-ラスト1ハロン12秒7、最終追い切りとなった木曜は51秒5-ラスト1ハロン12秒9と上々の時計をマークしている。

 時計面では上位人気が予想される有力馬とも遜色のない数字を叩き出しており、冷やかしではないかと疑っている世間の声とは異なって、本気度の高さが伝わって来る追い切りだったといえるだろう。

 だが、ヨシオ陣営の野望はこれだけに止まらない。

 なんと、『スポニチ』の取材に対し、ジャパンCの翌週に阪神競馬場で開催されるダートのチャンピオンズC(G1)に、連闘で挑むという仰天プランまで披露したのである。

 さらには「行くしかない」と逃げ宣言まで飛び出したため、これはレース展開に大きな影響を与えそうだ。近走はダートの中距離を3戦続いたが、それまで短距離を中心に使われていた馬だけに、行けるところまで行くという玉砕的な逃げを打つ可能性すら出て来るだろう。

 ペース次第では上がりの掛かる展開も想定されるため、好位から競馬を進める先行勢にとっては意外と厄介な相手かもしれない。ヨシオに振り回されて、仕掛けが早くなると後続の餌食となってしまうリスクを負うことにもなりかねない。

「正直、かなり驚きました。出走すること自体衝撃的でしたが、チャンピオンズCまで参戦するようですから……。調教技術の進化した近年では、一昔前に比べて直行や数を使わない風潮も異端ではなくなりつつあります。

それだけに、G1レースを連闘で使うヨシオには色んな意味で敬意を表したいですね。場違いといった声も出てはいますが、別に悪いことをしている訳ではありません。競馬を盛り上げてくれたことでも十分に話題を振りまいてくれたといえるでしょう」(競馬記者)

JRAジャパンC(G1)あのお騒がせ馬の陣営から「前代未聞」の仰天プラン飛び出した!? 話題性では「正真正銘」断然人気に…… 3強対決は早くも波乱の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】