GJ > 競馬ニュース >  女王ソダシの全妹ママコチャが早くもデビュー!
NEW

JRA 女王ソダシの全妹ママコチャが早くもデビュー!「絶好調」白毛一族VSセレクトセール「億超え」高額落札馬による、仁義なき戦いがいきなり勃発

【この記事のキーワード】, ,

JRA 女王ソダシの全妹ママコチャが早くもデビュー!「絶好調」白毛一族VSセレクトセール「億超え」高額落札馬による、仁義なき戦いがいきなり勃発の画像1

 26日、阪神競馬場で行われる芝1400mの新馬戦に注目だ。

 このレースで今年の桜花賞(G1)を無敗で制した白毛の女王ソダシの全妹、ママコチャ(牝2歳、栗東・池江泰寿厩舎)が早くもデビューを迎える。姉と同じ父クロフネ×母ブチコの血統だが、こちらは鹿毛。馬名の意味は「インカ神話の海の女神」だという。

 1週前追い切りに騎乗し、実戦でも手綱を執る予定の福永祐一騎手は、「まずまず。初戦から動けそうなタイプ」とジャッジ。池江調教師は「まずは芝のこの条件でどれだけやれるか」とコメントし、兼武助手は「前向きで真面目。スピードがある」と話しているように陣営の評価は高い。本馬の距離適性は姉のソダシよりも、もう少し短めとなる可能性もあるようだ。

 しかし、その辺りは2歳~3歳春の時期であれば、絶対能力さえ高ければ十分にカバーも可能だろう。昨年、函館で新馬戦を快勝した姉に続いて、妹も何なく初戦突破を決めて欲しいところだ。

 だが一方で、ママコチャが初陣を迎える新馬戦には、強力なライバルも出走を予定している。

 2020年のセレクトセールにて、1億1550万円(税込)で落札された新種牡馬カラヴァッジオ産駒のアグリである。先週行われた“伝説の新馬戦”を勝ち上がったダノンスコーピオンと同じ、安田隆行厩舎×川田将雅騎手の強力師弟コンビでデビュー勝ちを狙う。

 アグリは今のところ、安田隆厩舎の中で一番調教時計が出る2歳馬だという。時計だけなら、先週の新馬を勝ったダノンスコーピオンにも引けを取らない。ママコチャにとっては非常に強力なライバルとなりそうだ

 ママコチャが強気になれそうな材料の一つには、一族が好調であることが挙げられるかもしれない。

 12日に東京で行われた新馬戦では、ママコチャのいとこにあたる白毛馬のハイアムズビーチが快勝。19日に行われたスレイプニルS(OP)でも、同じくいとこのハヤヤッコが勝利した。そして27日に行われる宝塚記念(G1)には、叔父のシロニイが出走を予定している。

 ママコチャの祖母シラユヒキメからなる“白毛一族”が現在、絶好調なのである。代表産駒とも言えるソダシが今年、無敗で桜花賞を制しているのは前述の通りだ。まさに今、ノリにノッている一族と言ってもいいだろう。

 一つ気になるとすれば、上記に挙げた馬は全て白毛だが、ママコチャは鹿毛という点かもしれない。

「確かにママコチャは鹿毛ですが、同じシラユキヒメの白毛一族であり、ママコチャの近親であるメイケイエールも、毛色は鹿毛ながらも既に重賞3勝の活躍を見せています。この一族は必ずしも白毛でなければ走らない、というわけでもなさそうです」(競馬誌ライター)

 1億円以上で落札されたセレクトセールの超高額馬VS絶好調白毛一族の対決。今週も興味深い新馬戦が繰り広げられそうだ。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA 女王ソダシの全妹ママコチャが早くもデビュー!「絶好調」白毛一族VSセレクトセール「億超え」高額落札馬による、仁義なき戦いがいきなり勃発のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材