NEW

JRA有馬記念(G1)「逆張り」展開予想はエフフォーリアの油断にヒント、“卒業”クロノジェネシス「最後のタイトハグ」にも不安あり

【この記事のキーワード】, ,

JRA有馬記念(G1)「逆張り」展開予想はエフフォーリアの油断がヒント、卒業クロノジェネシス「最後のタイトハグ」にも不安ありの画像1

 SNSのトレンドに「仕事納め」の話題が上がり始めた12月下旬。中央競馬では、25日に中山大障害(J・G1)、26日には有馬記念(G1)が開催される。

 暮れの風物詩といえば冬のグランプリのイメージが強いものの、競馬ファンにとっての仕事納めは、28日のホープフルS(G1)、29日に大井競馬場で行われる東京大賞典(G1)といったところだろうか。

 我々のような競馬メディアに携わる人間には、レース後の記事も控えており、師走という名の通り、年内一杯もまだまだ仕事に追われそうである。

 残りのG1開催があるとはいえ、世間一般の最注目はやはり有馬記念であることに異論はない。年末ジャンボで夢を見るのもありだが、運任せの宝くじよりも、馬券を買う方がまだ的中の期待は大きい。

 というわけで、唐突だが一足早く有馬記念の展開予想をしてみたい。

 自慢じゃないが、秋G1でこれまで筆者の本命にした馬の勝利は、恥ずかしながら菊花賞のタイトルホルダーのみ。スプリンターズSから始まり、朝日杯FSまでの10レースで勝率10%ということは、先に弁解しておきたい。ここまで来ると我ながら「逆神」ではないかと思えてくるほどだ。

JRA有馬記念(G1)「逆張り」展開予想はエフフォーリアの油断がヒント、卒業クロノジェネシス「最後のタイトハグ」にも不安ありの画像2
クロノジェネシス 撮影:Ruriko.I

 登録馬17頭中6頭がG1馬という顔触れながら、実績的に抜けた存在となるのは、クロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)とエフフォーリア(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)の2頭。前者は凱旋門賞(仏G1)にも出走した名牝、後者は3歳世代を代表する1頭だ。

 2年連続で宝塚記念(G1)を連覇、昨年の有馬記念も制しており、今年も優勝すればグランプリ4連覇という偉業すら見えてくる主戦を務めていた北村友一騎手の負傷による離脱は残念だが、初騎乗の宝塚記念で快勝したC.ルメール騎手なら問題ないだろう。

 対するエフフォーリアは、無敗の二冠を狙った日本ダービー(G1)こそ、横山武史騎手の若さもあって、シャフリヤールの強襲に屈したが、天皇賞・秋(G1)で前年の無敗三冠馬コントレイルを一蹴して失地を回復。菊花賞とジャパンC(G1)には目もくれずに有馬記念1本を狙ってきた。

 両者の位置取りとしては、好位からの抜け出しを武器とするエフフォーリアを、クロノジェネシスがマークする形が濃厚と思われる。

 展開のカギを握るのはやはり逃げ先行勢か。逃げたレースで3戦全勝の菊花賞馬タイトルホルダーは、ハナを奪ってこそ、持ち味を生かせるタイプ。スタミナのある馬だけに、多少ハイペースになっても後続馬の方が、追走に苦しむ可能性も考えられる。

 厄介なのは同型パンサラッサの存在か。こちらは、切れないバテないしぶとさが最大の武器。いずれもスローペースで展開の利を狙うより、自分で勝ちに行くレースをできるのが魅力だろう。よほど激しいハナ争いでもしない限り、案外ペースが流れているように見えても、2頭にとってはマイペースということもありそうだ。

JRA有馬記念(G1)「逆張り」展開予想はエフフォーリアの油断にヒント、“卒業”クロノジェネシス「最後のタイトハグ」にも不安ありのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA京都記念(G2)エフフォーリア横山武史に別れの予感!? 愛ゆえに発生したクラシック候補の鞍上問題、代役を任されたのは意外なビッグネーム
  2. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  3. シルクロードS(G3)ナムラクレア、マッドクールも危うし!? 今村聖奈のテイエムスパーダも被害、「ルーティン崩れ」で独壇場に黄信号
  4. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦
  5. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  6. JRA武豊インティ級の新星登場か、「低レベル」コントレイル世代から遅れてきた大物が登場? ヴェラアズール、ジュンライトボルトに続いた「三番目の風」
  7. 北島三郎オーナーが激怒か……キタサンブラックを「邪魔」したアノ馬に「勝てもしないくせに」?
  8. JRAシルクロードS「絶対買うべき馬」を総チェック!寒い時期の絶好調馬で一発あり! 川田・武豊・ルメール不在で中堅若手騎手に絶好のアピールチャンス
  9. JRA根岸S(G3)テイエムサウスダンは「転厩」で消し? 無視できぬデータから浮上した「オイシイ実力馬」とは
  10. JRAエピファネイア「ハーレム」が凄過ぎる! グランアレグリアの初仔も誕生、トップクラスの「女傑独占」に羨望の声続々