GJ > 競馬ニュース > 有馬記念(G1)クロノジェネシスに「黄信号」!? C.ルメール「4年10か月ぶり」大惨事を間一髪回避もスランプ突入か
NEW

JRA有馬記念(G1)クロノジェネシスに「黄信号」!? C.ルメール「4年10か月ぶり」大惨事を間一髪回避もスランプ突入か

JRA有馬記念(G1)クロノジェネシスに「黄信号」!? C.ルメール「4年10か月ぶり」大惨事を間一髪回避もスランプ突入かの画像1
C.ルメール騎手

 2021年の中央競馬開催も残すところわずか。25~26日の有馬記念(G1)ウィーク、そしてホープフルS(G1)が行われる28日だけの計3日間となった。

 19日には阪神競馬場で朝日杯FS(G1)が行われ、武豊騎手騎乗の3番人気ドウデュースが優勝。日本競馬界のレジェンドに新たな勲章が加わった。

 一方、そのレースでファンの期待を裏切る形となったのが2番人気に支持されたジオグリフだ。鞍上を務めたC.ルメール騎手もレース後、「結果的に後ろすぎました」と語ったように4コーナーで後方2番手という位置取りが響き、直線で豪脚を発揮するも脚を余しての5着に終わった。

「ルメール騎手は外枠に入った時点で後方に控える腹づもりだったのでしょう。阪神の芝は外伸び馬場でしたし、逃げ馬も揃っていましたからね。ただ、思ったほどペースが上がらなかったのと、4コーナーで不利を受けたのが致命傷となりましたね。

また、この日のルメール騎手はとにかく乗れていませんでした。計7鞍の騎乗でしたが、ことごとく人気を裏切り、メインの朝日杯FSまで全て4着以下。最終12Rでようやく2着に入りましたが、結局未勝利で1日を終えました」(競馬誌ライター)

 ルメール騎手が1勝もすることなく1日を終えるのは非常に珍しく、この秋競馬では僅か3度目。最終レースで最悪の事態は免れたが、もし1日7鞍以上に騎乗して一度も馬券圏内に入らなければ、17年2月26日以来の4年10か月ぶりというレアケースだった。

「前日(18日)の中山では2勝していましたが、午後の騎乗はやや精彩を欠く場面もありました。年末に向けてやや調子を落としているのは間違いありません。今週末は有馬記念でクロノジェネシスに騎乗しますが、ルメール騎手の“状態”には気を配っておいた方がいいでしょう」(同)

JRA有馬記念(G1)クロノジェネシスに「黄信号」!? C.ルメール「4年10か月ぶり」大惨事を間一髪回避もスランプ突入かの画像2
クロノジェネシス

 前人未到のグランプリ4連覇を懸けて有馬記念に臨むクロノジェネシスだが、20日現在の『netkeiba.com』予想オッズでは3番人気以下に大きな差をつけてエフフォーリアとの2強を形成している。

 どちらが1番人気になるかは最終追い切りや枠順次第となるだろう。もし1番人気の座をエフフォーリアに譲ることになれば、クロノジェネシス陣営にとっての不安要素になるかもしれない。

 今年すでにG1を5勝しているルメール騎手だが、うち4勝が1番人気で挙げたもの。2番人気以下の時は、5月のNHKマイルC(G1)を2番人気のシュネルマイスターで制したのを最後に目下10連敗中と勝ち切れていない。連敗中の10鞍のうち7鞍は2番人気なので、それだけ有力馬に乗りながら半年以上勝っていないのは若干気になるところだろう。

 今年はすでに193勝を挙げて2年連続3度目の200勝も視野に入っているルメール騎手。19日に垣間見せたスランプの兆候は1日限りだったのか、それとも今週末まで尾を引くのだろうか。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA有馬記念(G1)クロノジェネシスに「黄信号」!? C.ルメール「4年10か月ぶり」大惨事を間一髪回避もスランプ突入かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!