GJ > 競馬ニュース > 武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? 「あの時点では完成していなかった」「アレしかないですね」気になる候補とは……【年末GJ人気記事ぶった斬り!】
NEW

JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? 「あの時点では完成していなかった」「アレしかないですね」気になる候補とは……【年末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? 「あの時点では完成していなかった」「アレしかないですね」気になる候補とは……【年末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
撮影:Ruriko.I

 毎週末恒例の【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のコーナー。今回は年末年始ということで、【年末GJ人気記事ぶった斬り!】として2021年のGJ掲載記事で大きな反響があったニュースを振り返る特別編だ。

 いつもの下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? 「あの時点では完成していなかった」「アレしかないですね」気になる候補とは……【年末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2
アーモンドアイ

JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? 「あの時点では完成していなかった」「アレしかないですね」気になる候補とは……

デスク「Y」:アーモンドアイ、もはや懐かしい存在だねえ。

ライター「A」:それくらい今年の競馬も色々あったということですね。第1弾は関西テレビの『うまンchu』で、武豊騎手とアンカツ(安藤勝己元JRA騎手)さんが「アーモンドアイに勝てる馬」をそれぞれ挙げた記事をピックアップしました。

デスク「Y」:今年の年始くらいに掲載された記事か。『うまンchu』のレジェンド対談は2022年も楽しみだね~。

ライター「A」:アンカツさんが「C.ルメールの腕もあるが、すごく乗りやすそうに見える。どんな競馬でもできる」と強さを分析し、武豊騎手が「名コンビって感じがしますね。クリストフも強い馬乗ったらきっちり走らせるので、鬼に金棒ですね」とベタ褒めする名コンビは昨年、G1・9勝の新記録を打ち立てました。

デスク「Y」:凄いよね。牝馬のG1が増えたから新記録を出すなら怪物牝馬かなと思ってたけど、アーモンドアイは歴代でも最強の牝馬だと思う。それくらい強かった。

ライター「A」:そこに関してはアンカツさんも「東京2400mでアーモンドアイ、ウオッカ、ダイワスカーレットが一緒に走ったらどれが勝つ?」という質問に「アーモンドアイでしょ」と即答していました。今年引退したグランアレグリアやクロノジェネシスも強かったですが、頭一つ抜けた存在なのかも。

 そんなアンカツさんが打倒アーモンドアイに掲げたのが、キングカメハメハでした。

デスク「Y」:なるほどね! 確かにダービーはめちゃくちゃ強かったし、底知れないスケールがあったな。2着のハーツクライが、後の有馬記念でディープインパクトを倒しちゃうし、世代レベルの高さも折り紙付きだよね。

ライター「A」:3歳秋の神戸新聞杯を勝って引退したキングカメハメハですが、アンカツさんは「あの時点では完成していなかった」と話してますね。「5歳になればもっと強くなるんじゃないか」と、まだまだ伸びしろがあった見解を示しています。

デスク「Y」:確かにキンカメ産駒は、古馬になって本格化する馬も多いからね。武豊騎手はやっぱりディープインパクト?

ライター「A」:ディープインパクトとキタサンブラックの2頭を挙げています。

デスク「Y」:逃げのキタサンブラックに、追い込みのディープインパクト。まさに前門の虎、後門の狼だねえ。あの2頭に挟まれたら、さすがのアーモンドアイとルメール騎手も苦戦するだろうなあ。

ライター「A」:早めにキタサンブラックを潰しに行けば、後ろのディープインパクトが怖い。かといってキタサンに楽をさせると、そのまま逃げ切られる――。こういう妄想をするのも競馬の醍醐味ですよね!

デスク「Y」:年末年始で48時間特番とかやってくれないかな(笑)。それでも話題は尽きないと思う。

ライター「A」:関西テレビ様! よろしくお願いいたします!

デスク「Y」:BSでもいいから!


 さて、毎度バカバカしいお話にお付き合いいただきありがとうございました。『GJ』では今年もたくさんの記事を掲載しております。お手すきの際に2021年を振り返りながらご笑覧いただけたら幸いです。
(構成=編集部)

JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? 「あの時点では完成していなかった」「アレしかないですね」気になる候補とは……【年末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  4. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」