GJ > 競馬ニュース > SNSだけでなく、成績もバスらせたい!? 厄年を終え43歳になったM.デムーロ騎手。調子を確認するには、データよりもインスタグラム?
NEW

SNSだけでなく、成績もバスらせたい!? 厄年を終え43歳になったM.デムーロ騎手。調子を確認するには、データよりもインスタグラム?

【この記事のキーワード】, ,
SNSだけでなく、成績もバスらせたい!? 厄年を終え43歳になったM.デムーロ騎手。調子を確認するには、データよりもインスタグラム?の画像1
M.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I

 年が明け、今月11日にM.デムーロ騎手が43回目の誕生日を迎えた。

 そんな特別の日を祝うかのように同日、デムーロ騎手と東京大賞典(G1)を4連覇したオメガパフューム(牡7歳、栗東・安田翔伍厩舎)が引退から急遽、現役を続行すると発表。

 2021年が後厄となり、昨年で厄年が終わったイタリア人騎手は、年明け早々に相棒の復活という最高の誕生日プレゼントを受け取った。

 日本に拠点を移し8年目となるデムーロ騎手だが、最近はインスタグラムがファンの間で話題になっている。

 デムーロ騎手が重賞で勝利したときに、ファンがインスタグラムでデムーロ騎手のアカウントをタグ付けし、メッセージなどをつけて投稿。デムーロ騎手はその投稿をリポストし、インスタグラムにたくさんのストーリーを投稿している。

 最近でも昨年の阪神JF(G1)、東京大賞典、そして先週のフェアリーS(G3)などを勝利した際、デムーロ騎手は一日中インスタグラムのストーリーを投稿。

 それを見たファンからはTwitter上で「デムーロのインスタあまりにも可愛すぎるだろ、ほんとに嬉しかったんだな」「競馬見なくてもインスタみたらデムーロが重賞勝ったことがすぐわかる」などのコメントが。中にはあまりにも多い投稿から「デムーロのインスタを見るのを諦めた」というコメントまであった。

 またインスタグラムの投稿に、デムーロ騎手から直接「いいね!」をもらい喜ぶファンも。1月1日には「明けましておめでとうございます」という挨拶とともに、ファンの間で賛否を呼んだ「飛行機ポーズ」をした自身を投稿するなど、まるで若者のようにSNSを活用している。

 2015年にC.ルメール騎手とともに外国人として初めてのJRA通年免許を取得したデムーロ騎手。

 リーディングこそ獲得していないが、2015年から3位、4位、3位、2位と常にトップにランクインし、G1でも多くの勝利を積み重ねてきた。

 しかし2019年から、それまで4年連続で100勝を超えていた年間勝利数も91勝、65勝、75勝と成績を落とし、エージェント変更、拠点を美浦に移すなど、様々な試行錯誤を行ってきた。

 そして昨年10月、JRA重賞通算100勝を達成。12月には2週連続重賞を勝利し、G1でも結果を出すなど調子を上げてきている。年明けも早々に重賞で勝利を挙げ、昨年は1月終了時点で4勝だったが、今年は10日時点で4勝。リーディングでも5位につけている。

 厄年も終わり、2022年に良いスタートが切れているデムーロ騎手。今年は多くの重賞で勝利を「挙げ」、インスタグラムのストーリーにたくさんの投稿を「挙げ」てほしい。

(文=長尾りょう)

<著者プロフィール>
 はじめての競馬、ジャパンCで5番人気シュヴァルグランの単勝を当て、競馬にハマる。オルフェーヴルのように強いが、気性が荒く、成績にムラのある馬が大好き。今までで1番忘れられない馬券は、2018年の有馬記念ブラストワンピースの単勝。

SNSだけでなく、成績もバスらせたい!? 厄年を終え43歳になったM.デムーロ騎手。調子を確認するには、データよりもインスタグラム?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】