NEW

ジャパンCでも日本VSドイツ…ナリタブライアン、ヒシアマゾン一蹴の再現あるか

【この記事のキーワード】, ,

ジャパンCでも日本VSドイツ…ナリタブライアン、ヒシアマゾン一蹴の再現あるかの画像1

 日本時間の23日夜は、サッカーのFIFAワールドカップ・カタール大会でドイツ代表を相手に2-1で日本代表が勝利。PKで1点を先制される苦しい前半戦から、相手に疲れの見え始めた後半に2点を奪う逆転勝利は世界中で大きな驚きを呼んだ。

ジャパンCでも日本VSドイツ…

 この歴史的な快挙が話題を独占するとともに、競馬ファンの間では早くも今週末に東京競馬場で行われるジャパンC(G1)に出走するテュネス(牡3、独・P.シールゲン厩舎)の逆襲に期待する声も出始めている。こういったサイン探しも競馬の楽しみの一つ、サッカーで勝って競馬で負けるということも、ありえない話ではないだろう。

 ただ、凱旋門賞(仏G1)のタフな馬場をいかに克服するかが、遠征する日本馬にとっては永遠のテーマでもあり、これまでも多くの挑戦者が苦戦を強いられてきた。今回ホームで外国馬を迎え撃てる日本馬に対し、欧州の馬場で実績を残している外国馬はアウェーへと立場が変わる。

 特に重馬場の凱旋門賞は過酷な斤量を背負わされるドイツのG1を好走した馬の相性がいいレースでもある。

 ジャパンC来日が幻に終わった今年の優勝馬アルピニスタも牝馬のみで58.5キロを背負ったバイエルン大賞(独G1)を制しており、昨年の覇者トルカータータッソも60キロで昨年のバーデン大賞(独G1)を勝っていた。そんな欧州馬に対し、今度は軽くてスピード重視の高速馬場を走り慣れている日本馬にアドバンテージが大きいのがジャパンCの舞台だ。

 とはいえ、ドイツ馬にもジャパンCを優勝した例が過去にもある。それは遡ること27年前、ランドが優勝した1995年のジャパンCだ。

 この年の日本馬は、なかなかの好メンバーが揃っていた。1番人気に支持されたのは前年の三冠馬ナリタブライアン。春の阪神大賞典(G2)を7馬身差で圧勝したあとに右股関節炎を発症し、7か月ぶりに復帰した天皇賞・秋(G1)で1番人気を裏切る12着に大敗していたが、叩き2戦目の良化と武豊騎手との初コンビが人気を後押しした。

 2番人気に推されたのは女傑ヒシアマゾン。前年の有馬記念(G1)でナリタブライアン相手に真っ向勝負を挑んで2着に入り、この秋のオールカマー(G2)と京都大賞典(G2)を連勝していた。

 対するランドは、先述のバーデン大賞を連覇していたように重い馬場を得意とするタイプの馬。しかも直前のレースで3連敗を喫しており、前走のブリーダーズCターフ(米G1)も12着と振るわなかった。

 とはいえ、それまでの実績と凱旋門賞4着を買われ、6番人気に留まったランドが、異国の地でナリタブライアンとヒシアマゾンという日本の最強クラスを相手に驚きの走りを披露したのだから、日本のファンに衝撃が走ったのも無理はない。

ジャパンCでも日本VSドイツ…ナリタブライアン、ヒシアマゾン一蹴の再現あるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補