NEW

C.デムーロが「有言実行」のリベンジ成功!武豊は7馬身差惨敗も「悲喜こもごも」!?

【この記事のキーワード】, ,
C.デムーロが「有言実行」のリベンジ成功!武豊は7馬身差惨敗も「悲喜こもごも」!?の画像1
C.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I

 26日に行われた阪神1R(2歳未勝利)では、C.デムーロ騎手が騎乗したジョヴィアン(牡2歳、栗東・奥村豊厩舎)が勝利。好スタートから早々とハナを奪うと一度も先頭を譲ることなく、最後の直線ではぐんぐんと後続を突き放してゴール。単勝1.7倍の圧倒的な支持に応える、7馬身差の完勝であった。

 ジョヴィアンは19日の阪神6R(2歳新馬)でデビュー戦を迎えたが2着。騎乗していたC.デムーロ騎手は「1400mも若干忙しいと思います。それでもポテンシャルのある馬ですし、次はガラッと変わってくると思います」とコメントを残しており、1800m戦になった今回はパフォーマンスが上昇。連闘だったが、先週の悔しさを晴らす初勝利を飾って見せた。

 C.デムーロ騎手としては、まさに有言実行といえる勝利。納得のいくレースとなったはずだ。その一方で、この勝利を複雑な心境で見届けたと思われるのが、武豊騎手である。

7馬身差惨敗も「悲喜こもごも」!?

 武騎手は2番人気のフィッシュポンドに騎乗していたが、ジョヴィアンに7馬身突き放されての2着。好位から抜け出すスムーズなレース運びを見せていただけに、レベルの違った勝ち馬の存在は不運だった。

 ただ同時に、このジョヴィアンの勝利は武騎手にとって朗報になるかもしれない。実は先週の新馬戦でジョヴィアンを2馬身半差で捻じ伏せたのが、武騎手が手綱を握ったスマートフォルスだったからだ。

 そのスマートフォルスの次走は12月18日に中京競馬場で行われる寒椿賞(2歳1勝クラス)が予定されている。ここを勝利すれば重賞も視野に入るだけに、陣営も力が入っているはずだ。同日には阪神で朝日杯FS(G1)が行われるが、レジェンドの姿を中京で見られるかもしれない。

C.デムーロが「有言実行」のリベンジ成功!武豊は7馬身差惨敗も「悲喜こもごも」!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA京都記念(G2)エフフォーリア横山武史に別れの予感!? 愛ゆえに発生したクラシック候補の鞍上問題、代役を任されたのは意外なビッグネーム
  2. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  3. シルクロードS(G3)ナムラクレア、マッドクールも危うし!? 今村聖奈のテイエムスパーダも被害、「ルーティン崩れ」で独壇場に黄信号
  4. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦
  5. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  6. JRA武豊インティ級の新星登場か、「低レベル」コントレイル世代から遅れてきた大物が登場? ヴェラアズール、ジュンライトボルトに続いた「三番目の風」
  7. 北島三郎オーナーが激怒か……キタサンブラックを「邪魔」したアノ馬に「勝てもしないくせに」?
  8. JRAシルクロードS「絶対買うべき馬」を総チェック!寒い時期の絶好調馬で一発あり! 川田・武豊・ルメール不在で中堅若手騎手に絶好のアピールチャンス
  9. JRA根岸S(G3)テイエムサウスダンは「転厩」で消し? 無視できぬデータから浮上した「オイシイ実力馬」とは
  10. JRAエピファネイア「ハーレム」が凄過ぎる! グランアレグリアの初仔も誕生、トップクラスの「女傑独占」に羨望の声続々