NEW

怪我を乗り越えたタイトルホルダー姉がマラソンレースで本領発揮か

【この記事のキーワード】, ,
怪我を乗り越えたタイトルホルダー姉がマラソンレースで本領発揮かの画像1
メロディーレーン 撮影:Ruriko.I

 12月3日、中山競馬場にてJRAの平地競走で最も距離の長い重賞となるステイヤーズS(G2)が開催される。知っての通り、このレースは中山の内回りコースを2周する芝3600mを舞台に競われる。スタミナ自慢にとって貴重な重賞となっている。

 今年もスタミナに自信を持つ14頭がエントリー。例年、人気の割れる傾向にあるのだが、『netkeiba.com』の想定オッズでも、5番人気まで単勝オッズが一桁台との混戦が予想されている。

 その中にあって離れた6番人気想定となっているのが、「長距離界のアイドル」と呼べそうなメロディーレーン(牝6、栗東・森田直行厩舎)だ。

 400kg台でも小柄な牝馬と評される中、メロディーレーンは400kgすら大きく割る350kg台というさらに小柄な馬だ。体は小さいながらも、2019年9月の阪神6R、3歳以上1勝クラス(芝2600m)では馬体重338kgで出走しながら後続に2馬身半差をつける勝利を挙げ、JRA最少馬体重優勝記録を樹立しただけでなく、3歳以上芝2600mのJRAレコードを更新した。

 遡ること4年前の新馬戦と未勝利戦では芝の1600、1800m戦を使われているが、ともに二桁着順。3戦目は芝2000mで3着するもその後5連敗。数えて9戦目は2400m戦で人気薄を覆して3着に好走。次戦も芝2400m戦でようやく未勝利を脱出する。

 続く1勝クラスでは芝2000m戦で距離が足りなかったのか13着に大敗するが、芝2600m戦となった次走では2馬身半差をつけて完勝した。さらに菊花賞(G1)にも登録し、抽選をくぐり抜けて出走。12番人気と当然の人気薄をはねのけて牝馬ながら5着と掲示板を確保し、勝ったワールドプレミアとの着差はわずか0.4秒の大健闘だった。

 その後は芝の2400mを超えるレースを中心に使われ、重賞でも20年の阪神大賞典(G2)でやはり掲示板を確保する5着と健闘。なかなか勝ち星には恵まれなかったが、21年1月に2勝クラス突破、同年10月の古都Sで芝3000mの距離を走りきり、上がり最速を記録するおまけつきで3勝クラスを突破し、オープン馬として今に至っている。

「アイドルホースオーディション」で2位を獲得

 上記のように長距離に適性があるのは明らかだが、350kg前後の小柄な馬が長距離を一生懸命走り、勝っても負けてもひたむきに走るその姿にファンがつき、昨年京都競馬場が主催した「アイドルホースオーディション」でヨシオに次ぐ2位を獲得。ぬいぐるみ化されて人気を博した。

 そんなメロディーレーンだが、前走の宝塚記念(G1)で13着に大敗したあと、札幌の丹頂S(OP)で復帰を目指していたが、左前脚に球節炎を発症し休養に入った。管理する森田調教師は「よくある球節炎。症状は重いものではない」としていたが、結果的に秋シーズンも終わりかけのここまで時間がかかってしまった。

 今回はG2戦ということでメンバーも揃ったが、森田調教師は「中間も脚元の様子を見ながらやってきた」として、「とにかく長い距離がいい馬だからここは使いたかった」と状態の良さを強調。

 今月末には暮れの大一番、有馬記念(G1)に2歳下の半弟タイトルホルダーが出走し、年度代表馬の座をかけた戦いに挑む。そんな「よくできた弟」の露払いをするためにも、小柄な姉は最長距離重賞で初重賞制覇を飾りたいところだろう。

ゴースト柴田

〈著者プロフィール〉

競馬歴30年超のアラフィフおやじ。自分の中では90年代で時間が止まっている
かのような名馬・怪物大好きな競馬懐古主義人間。ミスターシービーの菊花賞、マティリアルのスプリングS、ヒシアマソンのクリスタルCなど絶対届かない位置からの追い込みを見て未だに感激できるめでたい頭の持ち主。

怪我を乗り越えたタイトルホルダー姉がマラソンレースで本領発揮かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】