NEW

川田将雅と無念晴らす弟が歴代2位のデビューV! 3位ジュタロウ、4位デシエルト

【この記事のキーワード】, ,
川田将雅と無念晴らす弟が歴代2位のデビューV! 3位ジュタロウ、4位デシエルトの画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 3日、阪神競馬場で行われた5Rの2歳新馬は、川田将雅騎手の1番人気フルングニル(牡2、栗東・杉山晴紀厩舎)が優勝。独オークス馬を母に持つ良血が、期待に応えるデビュー勝ちを決めた。

 12頭立てダート1800mのレース。好スタートをきったフルングニルは、道中で2番手を追走する。楽な手応えのまま最後の直線に入ると、内で逃げ粘っていたインテンソを競り落とし、外から追い込んできたブリリオも振り切った。

「調教から好時計を連発していましたが、ここでは力が違いましたね。下馬評ではコンドリュール、インテンソと3強ムードでしたが、終わってみれば2着ブリリオに2馬身半、3着ワンライトスターに8馬身半差とライバル達を寄せ付けない完勝でした。

馬体重560キロを超える大型馬にもかかわらず、初戦でこれだけセンスある競馬。まだまだ今後の伸びしろにも期待できそうです」(競馬誌ライター)

フルングニルはすでに重賞級の期待馬!?

 2馬身半差のデビュー勝ちも然ることながら、フルングニルの大きな将来性を示しているのが、その勝ち時計だ。

 勝ちタイム1分53秒4は、近10年でも阪神・ダート1800mで行われた新馬戦(良又は稍重のみ)では2番目に速い時計。交流重賞のクイーン賞(G3)勝ちがあるアイアンテーラー(1分52秒8)に次ぐ好タイムだ。

 さらに、3位には武豊騎手とのコンビで先月の2勝クラスを圧勝したジュタロウ、4位には10月のグリーンチャンネルC(L)でレコード勝利を挙げたデシエルトなどが並ぶだけに、フルングニルはすでに重賞級の期待馬といえるだろう。

「フルングニルは、姉に昨年のチューリップ賞(G2)を勝ったエリザベスタワーがいる血統背景も魅力です。主戦の川田騎手と桜花賞(G1)を戦った素質馬でしたが、残念ながら屈腱炎の影響もあって、わずかキャリア6戦で先月引退しました。

姉と交代するような形で弟のフルングニルがデビュー勝ちしましたし、今後は姉の分も頑張ってほしいですね」(同)

 レース後には、姉の性格を知っているからか「血統的に難しいタイプ」と課題を挙げつつも、「いい形で成長していけたら」と弟のフルングニルに期待を寄せた川田騎手。姉と果たせなかったG1制覇へ、今度こそ導くことはできるだろうか。

ハイキック熊田

〈著者プロフィール〉

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

川田将雅と無念晴らす弟が歴代2位のデビューV! 3位ジュタロウ、4位デシエルトのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補