GJ > 競馬ニュース > 「砂の怪物」失った中内田充正厩舎に新星現る!?「早熟ではない」のに好時計で新馬V!
NEW

「砂の怪物」失った中内田充正厩舎に新星現る!?「早熟ではない」のに好時計で新馬V!

「砂の怪物」失った中内田充正厩舎に新星現る!?「早熟ではない」のに好時計で新馬V!

 昨年、2014年の開業以来初の調教師リーディングを獲得した中内田充正厩舎。これまでダノンプレミアム、ダノンファンタジー、グレナディアガーズなど3頭のG1馬を輩出してきた名門だ。

 今年も順調に勝ち星を重ね、2月には池江泰寿調教師が持つ現役最速記録を抜き、開業後7年11か月6日でJRA通算300勝を達成。今やファンの間でも、言わずと知れたトップステーブルへと成長した。

 そんな中内田厩舎だが、芝では多くの活躍馬を輩出している一方、意外にもダートでは未だG1馬が誕生していない。

 これまで積み上げた重賞28勝の内、芝が26勝に対しダートは2勝。グレイトパールで制した平安S(G3)とアンタレスS(G3)のみだ。

 そのグレイトパールは、ダート転向後に6連勝を挙げ「砂の怪物」とも呼ばれた逸材だった。だが、骨折明け2戦目の平安Sで5着に敗れた後は二桁着順の2連敗。ついにはJRAのG1に挑戦することなく、4年前に佐賀競馬へ転厩することになった。

 その後もJBCレディスクラシック(G1)に挑んだフォンターナリーリや、カペラS(G3)やプロキオンS(G3)に出走したオールドベイリーなど何頭か大物候補はいたものの、重賞で結果を残せず。さらにここ2年ほどは、ダート重賞に出走馬すらいない状況が続いている。

「砂の怪物」失った中内田充正厩舎に新星現る!?

 だが、そんな中内田厩舎にダートの新星が現れた。それが、19日の2歳新馬を勝利したグレートサンドシー(牡2、栗東・中内田充正厩舎)である。

 2着ホロニックパスとはクビ差だったものの、3着以下には9馬身差をつける圧巻の内容。そんな勝ちっぷりでも、レース後には鞍上を務めた川田将雅騎手が「成長過程的にまだ先の馬」と話せば、中内田師も「早熟ではない」とコメントしたのだから、底知れぬポテンシャルが窺える。

 また、勝ち時計の1分25秒5も優秀だった。ここ20年を振り返っても、良馬場で行われた東京・ダート1400mの新馬戦で、1分25秒5以内をマークした馬は僅か4頭しかいない。

 デビュー2連勝を飾ったプロミストリープ、ユニコーンS(G3)2着や兵庫GT(G3)を勝利したデュープロセス、オープンクラスで勝利経験を持つケイアイターコイズ、新馬・1勝クラスでいずれも圧勝したレッチェバロックなど、のちに出世を果たした逸材がズラリと並ぶ。これらと同等の走りを見せたグレートサンドシーにも、飛躍の可能性は十分ありそうだ。

 レース後、「能力はありそう」とデビュー勝ちを決めたグレートサンドシーを評価した中内田師。名門に初のダートG1制覇をもたらすのは、この馬かもしれない。

ハイキック熊田

ハイキック熊田

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

「砂の怪物」失った中内田充正厩舎に新星現る!?「早熟ではない」のに好時計で新馬V!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!