NEW

「連続降板」関西の中堅騎手が巡り会った大器! G1馬妹がノーステッキ圧逃V

【この記事のキーワード】, ,
「連続降板」関西の中堅騎手が巡り会った大器! G1馬妹がノーステッキ圧逃Vの画像1
藤岡佑介騎手 撮影:Ruriko.I

 4日、阪神5Rに行われた2歳新馬戦(芝1800m)は、ハナを奪った藤岡佑介騎手の3番人気トンジンチ(牝2歳、栗東・藤原英昭厩舎)が後続を4馬身突き放して完勝した。

 14頭立てのレース。抜群のスタートを切ったトンジンチと藤岡佑騎手は、後ろを引き離して単騎の逃げを展開。前半1000mを61秒ちょうどで通過し、持ったままの手応えで4コーナーを回る。

G1馬妹がノーステッキ圧逃V

 残り300m付近から追われ出すと、差を詰められるどころか後続とのリードをさらに拡大。鞍上のステッキが最後まで一発も入ることなく、堂々の逃げ切り勝ちを収めた。

「マイペースだったとはいえ、ラスト3ハロンもメンバー中2位タイの34秒4でまとめており、非常に強い競馬でしたね。調教の動きがよかったので個人的にも期待していたのですが、想像以上の走りを見せてくれました。

なおトンジンチという馬名は、人間を苦しめるとされる三大煩悩であり仏教用語の『貪瞋痴(とんじんち)』から取られているようです」(競馬誌ライター)

 ほとんど影を踏ませぬ圧逃劇には、SNSやネットの掲示板などにも「これは楽しみな逃げ馬が誕生したかも」「タイトルホルダーみたいな勝ち方だったな」といったコメントが寄せられている。

 ファンからそんな称賛を受けたトンジンチは、半兄にかしわ記念(G1)を勝ったワイドファラオがいる良血でもある。父はドゥラメンテに替わったが、同種牡馬もダートG1馬を輩出しているだけに、本馬も砂に替わっても面白いかもしれない。

 また、この大器との出会いは手綱を取っていた藤岡佑騎手にとっても大きなものとなるかもしれない。

 今年でキャリア19年目を迎えた関西中堅の藤岡佑騎手は先月、コンビで重賞2勝をあげているお手馬ジャックドールが、次戦の香港C(G1)で武豊騎手に乗り替わることが決定。

 また自身の手綱で富士S(G2)を勝ったセリフォスも、次戦はD.レーン騎手との新コンビでマイルCS(G1)を優勝するなど、今秋は悔しい乗り替わりや降板が続いている。

 ただ、上記2頭は新馬戦ではもともと別のジョッキーが跨っていた。トンジンチは3週連続で調教のパートナーも務め、自身の手綱でデビュー戦を迎えた相棒だけに、これからも絶対に手放したくないお手馬の1頭になるかもしれない。

 その藤岡佑騎手はレース後、トンジンチについて「追い切りでコンタクトをとっていたので特徴を掴めていた。しっかりしてくれば、さらに強くなりそうです」と、やや興奮気味に将来性について展望した。

 ドゥラメンテ産駒の2歳牝馬としては、札幌2歳S(G3)勝ち馬ドゥーラやアルテミスS(G3)2着のリバティアイランドに続く大物候補の出現といえるかもしれない。果たして、藤岡佑騎手は手綱を守り続けることができるだろうか。

冨樫某

〈著者プロフィール〉

キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

「連続降板」関西の中堅騎手が巡り会った大器! G1馬妹がノーステッキ圧逃Vのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補