GJ > 競馬ニュース > サマーシリーズ存在感なし
NEW

JRAサマーシリーズ存在感なしに「廃止」の声!?「意義が薄れている」2000シリーズ史上初「優勝馬なし」に高まる危機感

JRAサマーシリーズ存在感なしに「廃止」の声!?「意義が薄れている」2000シリーズ史上初「優勝馬なし」に高まる危機感の画像1

 1日、新潟競馬場で行われた新潟記念(G3)は、ユーキャンスマイル(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が優勝。本レースが最終戦となるサマー2000シリーズは、史上初の優勝馬なしという結果に終わった。

 有力馬の休養が目立つ夏競馬を盛り上げるため、2006年に創設されたサマーシリーズ。これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた夏の風物詩だが、近年はその存在意義を疑問視する声が高まっている印象だ。

 実際にサマー2000シリーズ最終戦となった今年の新潟記念で、「王者」獲得の権利を持っていたのはカデナとゴールドサーベラスの2頭だけ。

 それも「対象5競走の着順に応じて与えられる得点の合計が13点以上かつ、1勝以上した馬の中で得点最上位」という条件があるため、新潟記念を勝つことが優勝の条件だった。

 逆に述べれば、札幌記念(G2)を快勝したブラストワンピースを筆頭に、七夕賞(G3)を勝ったミッキースワロー、函館記念(G3)を勝ったマイスタイル、小倉記念(G3)を勝ったメールドグラース、そして新潟記念を勝ったユーキャンスマイルらの陣営は、サマー2000シリーズに特別なこだわりがなかったといえる。

 実際に、これらの勝ち馬は他のサマー2000シリーズ対象レースに出走すらしていないのだ。

「ブラストワンピースは元々、10月の凱旋門賞(G1)を目指してのステップレースという位置付けでしたし、ミッキースワローがオールカマー(G2)、メールドグラースが豪州のコーフィールドC(G1)、マイスタイルもマイル路線と、それぞれ秋に向けて夏を休養に充てています。

サマーシリーズを狙って夏に無理をすると、G1が数多くある秋への影響は避けられません。各陣営もその辺りを懸念しており、サマーシリーズで優勝することよりも、重賞を勝って賞金を上積みしG1出走が容易になった事実に重きを置いているということでしょう」(競馬記者)

 また2000シリーズよりも、さらに深刻な状況にあるのがマイルシリーズだ。

JRAサマーシリーズ存在感なしに「廃止」の声!?「意義が薄れている」2000シリーズ史上初「優勝馬なし」に高まる危機感のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬