GJ > 競馬ニュース > 2年目団野大成の「痛過ぎた」代償
NEW

JRAセントライト記念(G2)バビット重賞連勝に2年目・団野大成の「痛過ぎた」代償。前走「当日落馬」で代打・内田博幸「これをバネにして」エールも……

【この記事のキーワード】, ,

JRAセントライト記念(G2)バビット重賞連勝に2年目・団野大成の「痛過ぎた」代償。前走「当日落馬」で代打・内田博幸「これをバネにして」エールも……の画像1

 21日、中山競馬場で行われた菊花賞トライアル・セントライト記念(G2)は、内田博幸騎手の4番人気バビット(牡3、栗東・浜田多実雄厩舎)が優勝。2着に1番人気のサトノフラッグ、3着には2番人気のガロアクリークが入った。

 無敗の2冠馬コントレイルが出走を予定している神戸新聞杯(G2)を前に、注目のトライアルとなったセントライト記念だったが、3着以内を重賞勝ち実績のある馬が独占する結果となった。

 2着サトノフラッグは弥生賞(G2)、3着ガロアクリークはスプリングS(G2)を勝利した馬であり、春にコントレイルに敗れていたことを考えると、勢力図に大きな変化はなかったという見方もあるだろう。

 だが、勝ち馬のバビットについてはコントレイルと未対戦の魅力はあるかもしれない。

 同馬は前走のラジオNIKKEI賞(G3)で初重賞制覇。8番人気で制したことからフロック視する向きもあったが、今回は実績馬相手に実力をいかんなく発揮。中山の芝2200mを一度も先頭を譲ることなく逃げ切った。

 驚きの粘り勝ちもコンビを組む内田騎手には想定内だったのかもしれない。

 レース後には「フロック気味に思われていたけど、ここでどういうパフォーマンスをしてくれるか楽しみだった」と振り返ったように、パートナーの能力を高く評価していたことが伝わる。

「なかなかいいスタミナを持っていて、最後はしぶとい粘りを見せてくれた。折り合いがつくので、この馬のレースができれば十分にチャンスはあると思っている」と、内田騎手が続けたことからも菊花賞(G1)へ大きな手応えを掴んだようだ。

 その一方で、重賞2勝目をあげた元パートナーに対し、複雑な想いを抱いていると考えられるのが団野大成騎手だろう。

 団野騎手はバビットと初コンビとなった5月に行われた新潟の早苗賞(1勝クラス)を勝利。ラジオNIKKEI賞でもコンビを組む予定だった。しかし、当日の7Rで落馬して負傷……バビットは内田騎手に乗り替わりとなっていた。

 結果的に“代打騎乗”で重賞を勝った内田騎手は「これからまだまだ団野騎手も若いので、沢山良い馬も乗れると思うので、これをバネにしてもらって次なるタイトルを彼も頑張って取ってくれればいいかなと思います」と団野騎手を気遣うコメント。

JRAセントライト記念(G2)バビット重賞連勝に2年目・団野大成の「痛過ぎた」代償。前走「当日落馬」で代打・内田博幸「これをバネにして」エールも……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル