GJ > 競馬ニュース > 北村友一「苦難の年」に希望の光!
NEW

元JRA安藤勝己氏『不利がなければ勝っていた』!? 北村友一「苦難の年」に希望の光! マイルCS(G1)コンビ復活で見えた今年2度目のG1勝利

【この記事のキーワード】, ,

 2日、今月22日に阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)で、レシステンシア(牝3歳、栗東・松下武士厩舎)に北村友一騎手が騎乗する事が発表された。

 エリザベス女王杯(G1・芝2200m)との両にらみだったレシステンシアだが、これまでの出走レースはすべてマイル以下。距離適性を考慮してマイルCSへ出走する事となる。

 先週は天皇賞・秋(G1)でクロノジェネシスに騎乗した北村友騎手。レース後「駐立が悪くて出負けしたうえに、外からも寄られて下げる形になってしまいました……」と語っているように、不運が重なっての3着惜敗であった。

 昨年はG1を3勝し、一気にブレイクした感のあった北村友騎手。しかし、2020年は天皇賞・秋だけではなく「苦難の年」となっているようだ。

 今年の1月は2着が7回もあったが未勝利に終わり、3月までに2度の騎乗停止処分。災難はそれだけにとどまらず、4月の桜花賞(G1)ではレシステンシアの主戦降板という悲劇も味わった。

 その結果、4月終了時点ではわずか8勝。昨年は同時期に24勝を挙げていた事を考えると、もの足りない成績だったといえるだろう。

 6月にはクロノジェネシスで宝塚記念(G1)を制するも、ダイアトニックの主戦降板などもあり3勝どまり。

 10月のスプリンターズS(G1)では元々ミスターメロディとコンビが決まっていたが、福永祐一騎手のインディチャンプが同レースを回避。結果、ミスターメロディは福永騎手へと乗り替わってしまった。

 このレースでは、武豊騎手の凱旋門賞(仏G1)参戦でダイアトニックの鞍上も宙に浮いていた。それまでダイアトニックで4勝を挙げていた北村友騎手への乗り替わりも考えられる状況であったが、非情にも初騎乗となる横山典弘騎手が鞍上に決定。

 結局、散々振り回された挙句、直前で乗り馬がいなくなるという不運な目に遭っている。

「ダイアトニックと北村友騎手のコンビといえば、今春の阪急杯(G3)のゴール前で斜行するアクシデント。無観客の初週となったレースで、ゴール直後、不利を受けた川田将雅騎手の『ユーイチ!!』という声が中継で拾われて、ファンの間でも大きな話題になりました。

続く高松宮記念では、不利を受ける側に……。あくまで北村友騎手は被害者ですが、レース後に元JRA騎手の安藤勝己さんが『不利がなければ勝っていた』と言っていたように惜しい競馬でした。何かとツイてない1年ですが、レシステンシアとのコンビ復活でこの流れを断ち切ってほしいですね」(競馬記者)

 今年もあと2カ月。マイルCSでのレシステンシア騎乗が決定した北村友騎手。この上昇運気に乗って、巻き返してくれることを期待したい。

元JRA安藤勝己氏『不利がなければ勝っていた』!? 北村友一「苦難の年」に希望の光! マイルCS(G1)コンビ復活で見えた今年2度目のG1勝利のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?