GJ > 競馬ニュース > 北村友一「心の底から……」武豊に恨み節!?
NEW

JRA天皇賞・秋(G1)北村友一「心の底から……」武豊の”サンデーR狩り“に恨み節!? クロノジェネシス痛恨出負け……致命的な不利も「審議」は点灯なし

【この記事のキーワード】, ,

JRA天皇賞・秋(G1)北村友一「心の底から……」武豊のサンデーR狩りに恨み節!? クロノジェネシス痛恨出負け……致命的な不利も「審議」は点灯なしの画像1

 1日、東京競馬場では第162回天皇賞・秋(G1)が行われ、C.ルメール騎手の1番人気アーモンドアイが優勝。この勝利により、競馬史上初となる芝G1・8勝を挙げる大偉業を達成した。

 過去、現役時代にG1・7勝を達成したのはテイエムオペラオー、キタサンブラック、ジェンティルドンナ、ディープインパクト、ウオッカ、シンボリルドルフの6頭。競馬ファンなら誰もが一度は耳にしたことがあるだろう名馬である。

 シンボリルドルフが7勝を達成して以降、多くの名馬が誕生しながらも芝G1・8勝を成し得た馬はいなかった。このことはいつしか「ルドルフの呪い」といわれるようになった。

 しかし、競馬界に長らく立ちはだかった「8勝の壁」を初めて突破したのが、秋の天皇賞までに7勝を挙げていたアーモンドアイだ。

JRA天皇賞・秋(G1)北村友一「心の底から……」武豊のサンデーR狩りに恨み節!? クロノジェネシス痛恨出負け……致命的な不利も「審議」は点灯なしの画像2

 レース後、ルメール騎手は「信じられないパフォーマンス。毎回乗るときはプレッシャーが、ちょっと重たいです。G1・8勝は本当に取りたかった。この馬でいつも勝つ自信はあるけど、競馬はとても難しい」と最愛のパートナーを労いつつ、楽ではなかった心境を吐露した。

 その一方、不本意な形でアーモンドアイの8冠の援護射撃をしてしまったのが、2着フィエールマンと3着クロノジェネシスのサンデーレーシング所属馬2頭だ。

 スタートしてすぐに4番のダノンキングリーが外に寄れ、その煽りで隣にいた5番のウインブライトが外に押し出される格好になった。6番のフィエールマン、7番のクロノジェネシスも悪くないスタートだったが、好スタートを決めた8番のキセキが内へ切れ込んでウインブライトとの間に挟まれたため、2頭のポジションは大きく後退してしまう。

 これを最大限利用したのが9番のアーモンドアイだ。内の5、6、7、8番がゴチャついてポッカリと空いた“Vロード”を通って外目の3番手につけることに成功。

 とはいえ、ゴール前ではクロノジェネシス、フィエールマンの猛追を何とか凌ぎ切ったものの、あわや惜敗かというシーンを演出してしまった。絶対女王がこれまで見せて来た圧勝とは程遠い内容だったといえる。

「見事8冠を達成したアーモンドアイには敬意を表したいですが、昨年の安田記念を彷彿とさせる後味の悪さも残りました。あのときもスタートで外にいたロジクライが急激に内へ斜行して、大きな不利を受けたアーモンドアイは3着に敗れました。

幸運にも今回は加害馬であるキセキが、自身より内にいたお陰で事なきを得ましたが、もしキセキより内の枠からのスタートだったら、被害に遭っていた可能性もゼロとは言い切れません。

奇しくも物議を醸したのが、またしても武豊騎手の騎乗馬だったことも、何かの因縁でしょうか」(競馬記者)

JRA天皇賞・秋(G1)北村友一「心の底から……」武豊の”サンデーR狩り“に恨み節!? クロノジェネシス痛恨出負け……致命的な不利も「審議」は点灯なしのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?