GJ > 競馬ニュース > 天皇賞・春「超新星」出現!?
NEW

JRA天皇賞・春(G1)最有力アリストテレスも震える「超新星」出現!? 北村友一「スタミナが豊富な馬」お披露目コースで3馬身差の圧巻デモ!

【この記事のキーワード】, ,

JRA天皇賞・春(G1)最有力アリストテレスも震える「超新星」出現!? 北村友一「スタミナが豊富な馬」お披露目コースで3馬身差の圧巻デモ!の画像1

 27日、阪神競馬場で行われた松籟S(3勝クラス)は、2番人気のディアスティマ(牡4歳、栗東・高野友和厩舎)が優勝。遅咲きのディープインパクト産駒が待望のオープン入りを決めた。

 2006年のコース改修以降、初のお披露目となった3200mのレース。スタート直後、ハナを主張したシンボをねじ伏せるように先頭へ立ったディアスティマは、そのままレースの主導権を完全に掌握。終始ライバルたちを牽引すると、最後の直線では逆に後続を突き放して3馬身差で完勝した。

 レース後には、主戦の北村友一騎手から「初めての舞台設定で人間は戸惑っていましたが、馬はしっかり走ってくれて、上手にこなしてくれました」と軽いジョークが飛び出すほど余裕の勝利。「スタミナが豊富な馬」との評価通り、ライバルたちに距離適性の差を見せつけた。

「開幕週とはいえ、勝ち時計の3:14.9はここ3年間の天皇賞・春(G1)よりも速いタイム。自ら逃げて記録しているだけに価値がありますね。

出世が遅れましたが、ディアスティマは昨年の京成杯(G3)で3着するなど、元々素質のあった馬。これまで9戦4勝、2着2回、3着2回と非常に安定していますし、唯一馬券に絡めなかったのが脚元に不安が見られた青葉賞(G2)だけと、まだ底が割れていない点も魅力です。

今後は未定とのことでしたが、長丁場なら重賞でもやれると思います」(競馬記者)

 まだ条件戦を勝ち上がったばかりのディアスティマに早くも天皇賞・春の話が出るのは、京都競馬場の改修工事の影響で、今年の天皇賞・春が松籟Sと同じ阪神の芝3200mで行われるからだ。

「最大の特徴は京都の3200mが外回りコース2週(約1周半)で行われることに対して、阪神の3200mは1周目が外回り、2周目が内回りという独特のコースで行われることですね。

例年の天皇賞・春であれば、各馬が淀の下り坂で勢いを付けられる分、逃げ馬は苦戦傾向にありますが、阪神の内回りで行われる今年は逃げ馬にもチャンスがあるかもしれません。ここ5年で天皇賞・春がフルゲートになったのは1度だけですし、ディアスティマがこのまま直行しても出られる可能性は高そう。そういった意味でも動向には注目が集まるところです」(同)

「スタミナが豊富な馬。そういう強みを活かして、今後も競馬できればいいと思います」

 レース後、そうディアスティマとの抱負を語った北村友騎手。ここ2年の天皇賞・春を連覇した絶対王者フィエールマンが昨年引退。昨年の菊花賞(G1)を勝ったコントレイルも今年は中距離路線を進む予定で、最有力は2着のアリストテレスになりそうだ。

 群雄割拠となりそうな春の盾を巡る争いに、新たな有力候補が出現したのかもしれない。

JRA天皇賞・春(G1)最有力アリストテレスも震える「超新星」出現!? 北村友一「スタミナが豊富な馬」お披露目コースで3馬身差の圧巻デモ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?