GJ > 競馬ニュース > 大阪杯 同週勝利でリチャードを追う!?
NEW

JRA 大阪杯(G1)同週勝利でリチャードを追う!? 期待の良血馬・スワーヴエルメが「プラス22kg」でデビュー戦から一変!

【この記事のキーワード】, ,

JRA 大阪杯(G1)同週勝利でリチャードを追う!? 期待の良血馬・スワーヴエルメが「プラス22kg」でデビュー戦から一変!の画像1

 3日、中山競馬場で行われた5Rの未勝利戦は、スワーヴエルメ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)が優勝。デビュー前から大きな注目を集めていた良血馬が、初戦からの一変を見せた。

 スワーヴエルメの母は、フィリーズレビュー(G2)を勝利し、桜花賞(G1)3着、オークス(G1)4着とクラシックでも健闘したアイムユアーズ。古馬となってからもクイーンS(G3)を連覇し、重賞を4勝した活躍馬だ。

 父はドゥラメンテで、スワーヴエルメは初年度産駒の最高額となる1億9440万円で取引された高額馬。馬主はNICKS(ニックス)であり、G1・2勝のスワーヴリチャード同じオーナーである。

 昨年7月のデビュー戦は、D.レーン騎手を鞍上に迎え単勝1.8倍の1番人気に推されたが、タウゼントシェーンの切れ味に屈し2着。それから9カ月ぶりのレースとなった今回は、前走からプラス22kgと大きく成長した姿での出走となった。

 レースは18頭立ての芝2000m戦。スワーヴエルメは、まずまずのスタートから好位4番手を追走した。

 1番人気のレッドロワが外から2番手に押し上げ、それを見る形で道中を進むと4コーナーでは先頭に並びかけ直線へ。残り200mを過ぎてレッドロワを競り落とすと後続の追撃も振り切り、最後は2着のネイチャーシップに1馬身半の差をつけてゴールした。

JRA 大阪杯(G1)同週勝利でリチャードを追う!? 期待の良血馬・スワーヴエルメが「プラス22kg」でデビュー戦から一変!の画像2

 騎乗した石橋脩騎手は、レース後「間隔を開けて気持ちと体が整っていましたが、1週前追い切りに乗った際は、まだこれから良くなりそうな感じを受けたんです。競馬へ行けば才能を感じる走りをしてくれましたが、まだまだもっと良くなると思います」とコメント。先を見据えた言葉からは、同馬への期待感が伝わってくる。

「オーナーのNICKSといえば、やはり過去の活躍馬としてスワーヴリチャードが思い出されます。ジャパンC(G1)、大阪杯(G1)を勝利し、日本ダービー(G1)でも2着と健闘した活躍馬ですが、購買価格は1億6740万円とスワーヴエルメと同じ高額馬でした。

スワーヴリチャード以降G1勝ち馬が出ていませんから、当然スワーヴエルメにかける期待は大きいと思いますよ。血統的にもそうですが、石橋騎手のコメントからは今後の上積みも大きそうです。これからの活躍に期待したいですね」(競馬記者)

 奇しくもスワーヴエルメが未勝利戦を勝ち上がったのは、スワーヴリチャードが勝利した大阪杯と同週。石橋騎手の誕生日だったことも、何かの縁なのかもしれない。

 3歳馬のスワーヴエルメにとって、大舞台へ向けた挑戦は始まったばかり。偉大な先輩スワーヴリチャードのような活躍に期待したいところだ。

JRA 大阪杯(G1)同週勝利でリチャードを追う!? 期待の良血馬・スワーヴエルメが「プラス22kg」でデビュー戦から一変!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客