GJ > 競馬ニュース > コパノキッキングの武豊起用に藤田菜七子は...
NEW

コパノキッキングの武豊起用に藤田菜七子は崖っぷち!? コンビ解消サウジアラビアで勝たれる屈辱も、再結成が濃厚な裏事情

【この記事のキーワード】, ,

コパノキッキングの武豊起用に藤田菜七子は崖っぷち!? コンビ解消サウジアラビアで勝たれる屈辱も、再結成が濃厚な裏事情の画像1

 今年3月に行われたドバイゴールデンシャヒーン(G1)で5着に敗れた後、休養に入っていたコパノキッキング(セ6歳、栗東・村山明厩舎)が、9月1日に佐賀競馬場で行われるサマーチャンピオン(G3)に、武豊騎手とのコンビで挑むことが明らかになった。

 コパノキッキングはサウジアラビアで行われた2月のリヤドダートスプリントを優勝。サマーチャンピオンが帰国初戦となる。武豊騎手と1年ぶりのタッグ復活で大いに注目を集めそうだ。

コパノキッキングの武豊起用に藤田菜七子は崖っぷち!? コンビ解消サウジアラビアで勝たれる屈辱も、再結成が濃厚な裏事情の画像2

 一方で、コンビ復活が持ち越しとなってしまったのが、これまで主戦を任されてきた藤田菜七子騎手だ。

 コパノキッキングのコンビはこれまで9戦し、東京盃(G2)とカペラS(G3)の重賞2勝を挙げる活躍。2019年のJBCスプリント(G1)では、僅差の2着に入っており、昨年の同レースでは6着に敗れたものの、勝ち馬とは0秒6差だった。

 今年2月、国際騎手招待レース「インターナショナル・ジョッキーズ・チャレンジ」(以下IJC)に参戦するため、サウジアラビアに遠征した菜七子騎手。このIJCの翌日にコパノキッキングがリヤドダートスプリントに出走するため、海外でも継続騎乗を期待する声も多かった。

 しかし、このときはコパノキッキングが海外転戦を視野に入れていたため、連続騎乗できる海外ジョッキーを確保するのがベターという小林祥晃オーナーの意向などもあり、乗り替わりとなっている。

 とはいえ、声が掛からなかったことは、あまり悲観する必要もないかもしれない。

 コパノキッキングは昨年も武豊騎手とのコンビでサマーチャンピオンに出走。1番人気で3着した後、次走の東京盃では菜七子騎手に手綱が戻っている。

 これは武豊騎手が人気を裏切ったからではなく、菜七子騎手が夏は新潟をメインに騎乗しているため、サマーチャンピオンに近い小倉を主戦場としている武豊騎手が、話題性も含めた上でワンポイント起用されたという意味もあるだろう。

 そして、今年も新潟の菜七子騎手と小倉の武豊騎手と、同じような状況だと考えれば、菜七子騎手とのコンビ復活は十分にありそうだ。昨年のこのレースは武豊騎手がマテラスカイでコパノキッキングは菜七子騎手だった。マテラスカイはまだ健在だけに、3年連続で菜七子&キッキングのJBCスプリント挑戦も見えてくるかもしれない。

 今年のサマーチャンピオンはコパノキッキングの他に、前走でかきつばた記念(G3)を制覇したラプタスや、連勝中のピンシャンなどが出走を予定。昨年のリベンジを果たすためにも、コパノキッキングは佐賀で繰り広げられる熱戦に全力投球したいところだ。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

コパノキッキングの武豊起用に藤田菜七子は崖っぷち!? コンビ解消サウジアラビアで勝たれる屈辱も、再結成が濃厚な裏事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内