GJ > 競馬ニュース > ステラヴェローチェと吉田隼人を襲う2つのピンチ...
NEW

JRA菊花賞(G1)「立場一変」でステラヴェローチェと吉田隼人を襲う2つのピンチ、秋華賞惨敗ソダシの「二の舞」も?

【この記事のキーワード】, ,
JRA菊花賞(G1)「立場一変」でステラヴェローチェと吉田隼人を襲う2つのピンチ、秋華賞惨敗ソダシの「二の舞」も?の画像1
ステラヴェローチェ 撮影:Ruriko.I

 24日には、阪神競馬場で牡馬クラシック最終関門の菊花賞(G1)が行われる。

 今年は皐月賞馬エフフォーリアとダービー馬シャフリヤールが出走を見送りG1馬は不在。そんななか、押し出される形で主役を務めるのがステラヴェローチェ(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 押し出されたといっても、その実績は他のメンバーに比べれば、十分に威張れるものだ。重賞2勝に加え、昨年暮れの朝日杯FS(G1)で2着、春も皐月賞とダービーで連続3着と、G1で3度も馬券圏内に入っている。前走・神戸新聞杯(G2)で圧巻の勝利を収め、評価は急上昇。自らの力で主役の座を射止めたと言った方が適切かもしれない。

 19日現在、『netkeiba.com』の予想オッズでは2.3倍の1番人気に支持されており、本番でもオーソクレースらを抑えて1番人気が濃厚だ。

 重賞2勝が不良馬場だったステラヴェローチェ。道悪巧者というイメージが先行しがちだが、朝日杯FSとダービーで速い時計が出る馬場にも対応済みで、馬場は不問。さらにマイルから2400mという幅広い距離に使われており、適性もオールマイティー。1番人気に推されるのも納得の実力の持ち主と言えそうだが……。

「横山典弘騎手から吉田隼人騎手に乗り替わった皐月賞で3着。さらにダービーでも3着に好走し、秋初戦の神戸新聞杯を完勝したように充実の秋を迎えています。春のクラシック2戦では6番人気と9番人気で激走し、穴党ファンを喜ばせました。

ただし、心配な面もあります。今回はこれまでの追いかける立場から一転、追われる立場になります。漁夫の利とは言いませんが、春の2戦は人気薄だった分、自分の競馬に徹することができました。人気を背負う今回は同じようには行かないでしょう。

例えば、先週の秋華賞(G1)に出走したソダシは先行して自分で競馬を作れるタイプ。一方、ステラヴェローチェは差し馬のため、どうしても他力本願のところがあります。3000mという距離で仕掛けどころも難しくなるでしょう。脚を余して負けたくないという意識が強いと、早仕掛けになってしまう可能性もあると思います」(競馬誌ライター)

 鞍上の吉田隼騎手は、ソダシと臨んだ秋華賞で人気を裏切ったこともあって、今回も1番人気に支持されれば、半端ないプレッシャーがかかることになりそうだ。

 そして、そのプレッシャーがステラヴェローチェに悪い意味で伝播してしまうことがあるかもしれない。キャリア7戦で自身唯一の1番人気だった共同通信杯(G3)で5着に敗れていることからも、マークされたときに脆さを露呈する可能性は否めない。

 そして3000mという距離もやはり歓迎はできない。ダービーと神戸新聞杯で2400mをこなしているとはいえ、やはり3000mは長すぎる可能性が高い。それを裏付けるのがデビューから3戦連続してマイルを使われていたという事実だ。

 1600m以下でデビューし、菊花賞を勝ったのは2011年のオルフェーヴルが最後。翌12年以降、これに該当する馬で唯一の馬券圏内は16年3着だったエアスピネルのみだ。

 京都よりもよりスタミナが問われる阪神3000mで、例年以上の消耗戦になることはまず間違いない。人馬に襲いかかる1番人気というプレッシャー、そして3000mという未知の距離に吉田隼騎手とステラヴェローチェはどう対峙するのか。僚馬ソダシの二の舞だけは避けたいところだが……。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA菊花賞(G1)「立場一変」でステラヴェローチェと吉田隼人を襲う2つのピンチ、秋華賞惨敗ソダシの「二の舞」も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!