GJ > 競馬ニュース > 「単勝272.1倍」最低人気で起こしたマジック! 翌年は武豊と堂々の連覇「G1・11勝馬」娘が思い出の舞台でデビュー戦V発進!
NEW

JRA「単勝272.1倍」最低人気で起こしたマジック! 翌年は武豊と堂々の連覇「G1・11勝馬」娘が思い出の舞台でデビュー戦V発進!

【この記事のキーワード】, ,

JRA「単勝272.1倍」最低人気で起こしたマジック! 翌年は武豊と堂々の連覇「G1・11勝馬」娘が思い出の舞台でデビュー戦V発進!の画像1

 13日、東京5Rの2歳新馬戦は、田辺裕信騎手の3番人気リッキーマジック(牝2歳、美浦・加藤征弘厩舎)が直線抜け出して勝利。4番人気ビーザラキエストの追撃をアタマ差抑えて、見事にメイクデビュー白星を飾った。

「スタートセンスが良く、好位を取れたのが勝因です」

 レース後そう淡々と振り返った田辺騎手だが、胸の奥にはなにか感慨深い思いもあったかもしれない。

 同馬の父は現役時代、日本競馬史上最多となるG1・11勝を挙げた新種牡馬コパノリッキー。そのG1初制覇となった2014年のフェブラリーS(G1)でコンビを組み、最低人気の単勝272.1倍で大波乱を演出したのが田辺騎手だ。自身のG1初勝利にもなった同レースと同じ東京ダート1600mの舞台で、見事にその娘と白星発進を決めた。

 13頭立てで行われたレース。リッキーマジックは田辺騎手のコメント通りスタート後サッと先頭集団に取り付くと、好位3番手の外目をキープ。前半600m通過37秒フラットの緩い流れの中、手応え充分で4コーナーを回り、最後の直線を迎えた。

 直線入り口では早くも2番手に進出すると、ラスト2ハロンを切った付近では鞍上の左ステッキが一発。しぶとく逃げ込みを図るロードシャマールをラスト100mでねじ伏せるように捕らえると、後ろから迫ってくるビーザラキエストもきっちりとアタマ差封じ込んでゴール板に飛び込んだ。

「着差はそれほどありませんでしたが、好位追走から自ら動いて逃げ馬を捕らえると、後ろからの追撃も振り切るという強い競馬でした。内容的にはほぼ完勝と言っていいのではないのでしょうか。

なお今回は東京のマイル戦でしたが、スタートセンスの良い馬なので、今後はどのような競馬場でも対応が可能だと思います。主戦場は父と同じくダートになると思われますが、昇級しても楽しみな素材ですね」(競馬誌ライター)

 前途洋々であるリッキーマジックは、近親に01年のJBCスプリント(G1)を制するなど、現役時代にダート重賞8勝を挙げたノボジャックがいる血統。同馬は7歳暮れに引退するまで、中央・地方合わせて通算43戦を戦い抜いた。

 父のコパノリッキーもダートを舞台に、同じく7歳の暮れまで現役生活を続けている。本馬リッキーマジックも、もしかしたら今後長きにわたってダート戦線での活躍が期待できるかもしれない。

「まだ若いところがあるので、上積みは大きいと思います」

 田辺騎手がレース後にそうコメントしたように、今後の伸びしろはまだまだたっぷりとあるだろう。

 コパノリッキーは田辺騎手と大金星を挙げた翌年、武豊騎手を背に1番人気で堂々のフェブラリーS連覇を達成。父の思い出が詰まった東京ダート1600mの舞台から羽ばたいた、リッキーマジックのこれからの飛躍に期待したいところだ。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA「単勝272.1倍」最低人気で起こしたマジック! 翌年は武豊と堂々の連覇「G1・11勝馬」娘が思い出の舞台でデビュー戦V発進!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客