GJ > 競馬ニュース > 「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
NEW

JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」

JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に期待ハズレだったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」の画像1
コントレイル

 28日に東京競馬場で行われたジャパンC(G1)は、1番人気のコントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が有終の美を飾る大団円で幕を閉じた。

 相手関係もあるので一概には言えないが、それでも単勝1.6倍という支持は今年の大阪杯(G1、1.8倍)や天皇賞・秋(G1、2.5倍)を上回るもの。三冠を達成した昨年の菊花賞(G1)以降、連敗が続いていたコントレイルだが、それでも多くのファンが復活勝利を信じていた証であることは間違いないだろう。

 だが、その一方で今年のジャパンCの馬券売上は約215億円。昨年よりも-21.2%、金額にして57億円も減少したことになる。

 無論、史上最強牝馬アーモンドアイに、若き無敗の三冠馬2頭が立ち向かった昨年のジャパンCは「世紀の一戦」と言われるほど特別なレースだった。そんな“伝説”と比較して、今年のジャパンCの盛り上がりが欠けたことは、コントレイルだけの責任ではないだろう。

 しかし、そのコントレイル自身が無敗を続けていた昨年ほどのカリスマ性を失っていたことは事実。57億円もの減少という事実が各メディアから報じられれば、一部のファンがコントレイルの人気に疑問を持つのも無理はない。

 そんなファン心理の根幹にあったのは、やはり過去の無敗の三冠馬シンボリルドルフ、ディープインパクトの存在だろう。

 1984年に史上初の無敗の三冠馬となったシンボリルドルフは、その後も天皇賞・春(G1)、ジャパンCに加え、有馬記念(G1)を連覇。G1・7勝を積み上げ「皇帝」と呼ばれた本馬は、長く史上最強の称号を欲しいままにした。

 そして、コントレイルの父であり、2005年に三冠馬となった「英雄」ディープインパクトもまた、天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念とG1・7勝を達成。

 結果、無敗三冠馬の「基準」はG1・7勝クラスとなり、敗れるだけで大ニュースになるような「無敵の存在」という先入観がコントレイルには課せられていた。

 言ってしまえば、コントレイルはそんなファンの期待を裏切ってしまったのだ。期待が大きければ大きいほど、裏切られた際の反動も大きくなる。連敗が続く中、コントレイルに浴びせられたバッシングは相当なものだったに違いない。

 しかし、コントレイルは本当に期待外れな「不人気な馬」だったのだろうか。

 57億円という昨年からの大幅ダウンばかりが報じられているが、冷静にジャパンCの売上約215億円を振り返ると、実は過去10年で3番目という優秀なものだ。

 昨年の約272億円は、2000年以降のジャパンCの最高売上という特別な一戦。コントレイルの“現在地”を知るための参考になるのは、222億円を売り上げた2017年の方だろう。

 この年のジャパンCを勝ったのは、シュヴァルグランだった。ただし、単勝2.1倍の1番人気、つまりは売上の核となったのはキタサンブラックだ。

 演歌歌手として高名な北島三郎オーナーに、鞍上は日本競馬の第一人者・武豊騎手。当時のキタサンブラックは三冠こそ菊花賞だけだったが、すでにG1・5勝。競馬界を代表するスターになる条件が十分にそろっており、紛れもなく「競馬の代名詞」として一時代を築いたアイドルだった。

 コントレイルは、そんなキタサンブラックのジャパンCと、売上にしてわずか5億円の差だったのだ。補足だが、今年のジャパンCが異例の12Rだったため、多少の誤購入が起きたことを考慮すれば、ほぼ互角だったといえる。

 コントレイルは、間違いなく国民的なアイドルとして、競馬の一時代を支えたといえるだろう。「皇帝」「英雄」に並ぶ、後世に伝えられるような素晴らしい称号の誕生を期待したい。

(文=浅井宗次郎)

<著者プロフィール>
 オペックホースが日本ダービーを勝った1980年生まれ。大手スポーツ新聞社勤務を経て、フリーライターとして独立。コパノのDr.コパ、ニシノ・セイウンの西山茂行氏、DMMバヌーシーの野本巧事業統括、パチンコライターの木村魚拓、シンガーソングライターの桃井はるこ、Mリーガーの多井隆晴、萩原聖人、二階堂亜樹、佐々木寿人など競馬・麻雀を中心に著名人のインタビュー多数。おもな編集著書「全速力 多井隆晴(サイゾー出版)」(敬称略)

JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【クイーンS】ボンドガール武豊は「仲間外れ」の孤軍奮闘!? 「休み明け」C.ルメールは新潟ではなく札幌参戦
  2. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 武豊「マジック炸裂」も次走で鞍上問題発生!? 一撃“5億円”獲得「世代ナンバーワン牡馬」が参戦予定
  4. 重賞勝ち馬で「伝説」に匹敵のセントライト記念!? アルナシーム優勝で朝日杯が話題も…休養中の実力馬が秋の復帰に準備着々
  5. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  6. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  7. JRA「暑熱対策」に関係者からブーイング続出!?朝帰り避けられぬ可能性も…「遅過ぎる最終レース」に現場は戦々恐々
  8. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  9. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  10. 【クイーンS】藤田伸二を背に初重賞制覇を飾った「名牝」、今年の狙い目は武豊騎乗「恵量」の3歳馬?【東大式必勝馬券予想】