GJ > 競馬ニュース > 阪神JF(G1)「日曜に分かる」C.デムーロがナミュールと勝利宣言!? 超抜追い切りに隠し切れない自信とノーザン“見え見え”の勝負気配
NEW

阪神JF(G1)「日曜に分かる」C.デムーロがナミュールと勝利宣言!? 超抜追い切りに隠し切れない自信とノーザン“見え見え”の勝負気配

阪神JF(G1)「日曜に分かる」C.デムーロがナミュールと勝利宣言!? 超抜追い切りに隠し切れない自信とノーザン見え見えの勝負気配の画像1

 もしかしたら相当な大物なのかもしれない。

 そう感じずにはいられない逸材とは、12日に阪神競馬場で開催される阪神JF(G1)に出走を予定しているナミュール(牝2、栗東・高野友和厩舎)のことだ。

 栗東の坂路で行われた8日の最終追い切りでは、2歳未勝利馬と併せて4F54秒0-ラスト11秒8の好時計をマーク。弾むようなフットワークで併走馬を2馬身半置き去りにした。

 阪神JFで初コンビとなるC.デムーロ騎手だが、パートナーとの初コンタクトに「すごくいい感じ」と好感触。どうやらかなりの手応えを感じたようだ。

 リップサービスはそれだけに終わらず、「重賞を勝てる馬。日曜に分かります」とまで豪語したのだから、世界的名手がそれほどまでの評価をしたナミュールのポテンシャルの高さが伝わってくる。

 ただ、9月中京にデビュー勝ちした芝1600m戦の内容は、これといって目立ったものでもなかった。

阪神JF(G1)「日曜に分かる」C.デムーロがナミュールと勝利宣言!? 超抜追い切りに隠し切れない自信とノーザン見え見えの勝負気配の画像2
川田将雅騎手

「性格のいい子ですべてを上手にこなしてくれて、その分しっかりとした内容のある競馬をしてくれました」

 このとき手綱を取った川田騎手がレース後に残したコメントも、どちらかといえば当たり障りのない内容というか、特別衝撃を受けたわけでもない程度のニュアンス。2番手から上がり3ハロン33秒3の末脚で2着馬に2馬身の差をつけたとはいえ、勝ち時計が1分39秒0と平凡なタイムだったことを考えれば、不思議ではないだろう。

 しかし、この馬の評価を一変させたのが、前走赤松賞(1勝クラス)での圧勝劇だ。過去、スティンガー、アパパネ、アカイトリノムスメなどのG1馬を輩出と、ちょっとした出世レースでナミュールは瞬く間に注目馬の1頭へ成り上がった。

 特筆すべきはそのレース内容の優秀さである。勝ち時計の1分33秒8だけでなく、上がり3ハロン33秒0は、今秋の東京開催で2歳馬が出走した全21レース中トップというものだった。

阪神JF(G1)「日曜に分かる」C.デムーロがナミュールと勝利宣言!? 超抜追い切りに隠し切れない自信とノーザン見え見えの勝負気配の画像3
三浦皇成騎手

「柔らかくてバネがある馬です。直線の反応も素晴らしかったです。前走の経験が生きているのだと思います。本当に全てに関して優等生です」

 このレースが初騎乗だった三浦皇成騎手もまた、「すべてを上手にこなしてくれた」と評した川田騎手同様に「すべてに関して優等生」と驚かされている。

 加えて先述した全21Rの中には、2歳重賞であるアルテミスS(G3)やサウジアラビアRC(G3)も含まれていることも大きな強調材料である。開催日は異なるものの、サウジアラビアRCの勝ち時計1分36秒4に対し、これを2秒6も上回った。

 またナミュール自身も、中京と東京で舞台は異なるとはいえ、デビュー戦の1分39秒0からなんと5秒2も時計を大幅短縮しているのだ。

「赤松賞がとにかく素晴らしかったので、レースを見ていないファンにはぜひチェックしていただきたいです。スタートで失敗して後ろからになったのですが、直線外から凄まじい勢いで伸びて来たのがナミュールでした。

このときは、マイペースのスロー逃げに持ち込んだパーソナルハイの完全な勝ちパターンだったにもかかわらず、楽に交わしてゴール前では流していたほどです。この馬はちょっと『モノが違うぞ』と感じましたよ」(競馬記者)

 前走は、出遅れて後ろからの競馬になったが、デビュー戦では2番手からの楽勝だったように自在性もある。

 元々、川田騎手に任されていたことから期待馬であることも分かる。赤松賞は、マイルCS(G1)の裏開催となったため、おそらく三浦騎手は代打で騎乗することになったのだろう。

 そして今回、香港に遠征する川田騎手に替わって、白羽の矢が立ったのは短期免許で来日中のC.デムーロ騎手。ディープボンドをフォワ賞(仏G2)優勝に導いた手腕は、日本でも拍手喝采の賛辞を受けた。そんな世界的名手にとって、阪神芝1600mのG1は、13年の桜花賞をアユサン、18年の阪神JFをダノンファンタジーで優勝した得意舞台でもある。

 日本の競馬界をリードするノーザンファームが外国人騎手を配したということは、勝負気配が“見え見え”。ここは絶好の買い時だといえる。

(文=黒井零)

<著者プロフィール>
 1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

阪神JF(G1)「日曜に分かる」C.デムーロがナミュールと勝利宣言!? 超抜追い切りに隠し切れない自信とノーザン“見え見え”の勝負気配のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル