GJ > 競馬ニュース > 「G1・9勝」武豊ルビーカサブランカは、あの「ゴルシ担当」今浪厩務員! 白毛の女王ソダシも手掛ける腕利きが通算20勝の大台に
NEW

JRA「G1・9勝」武豊ルビーカサブランカは、あの「ゴルシ担当」今浪厩務員! 白毛の女王ソダシも手掛ける腕利きが通算20勝の大台に

【この記事のキーワード】, ,
JRA「G1・9勝」武豊ルビーカサブランカは、あの「ゴルシ担当」今浪厩務員! 白毛の女王ソダシも手掛ける腕利きが通算20勝の大台にの画像1
武豊騎手

 15日、中京競馬場で行われた愛知杯(G3)は、7番人気の伏兵ルビーカサブランカ(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎)が勝利。アタマ+クビ差というハンデ戦らしい接戦を制し、嬉しい重賞初制覇を飾った。

「1番枠で、インを狙おうと思っていました」

 鞍上・武豊騎手の作戦が見事ハマったこの日の愛知杯は、1番人気だったアンドヴァラナウトが惨敗したこともあって、三連単が12万馬券となる波乱の決着。改めてハンデ戦の難しさを知らしめた一戦となったが、その一方で冷静にルビーカサブランカを高評価していたファンもいたようだ。

「白毛のソダシの厩舎として注目される須貝厩舎の管理馬ですが、本馬を担当しているのが、ゴールドシップを手掛けたことで有名な今浪隆利厩務員。他にもレッドリヴェールが阪神JF(G1)を勝つなど、JRA・G1通算9勝、重賞20勝という担当数が限られる厩務員の常識を超えた超腕利きです。

実はルビーカサブランカも今浪さんが担当しており、厩舎の中でも元々期待の高い馬でした。ここまで出世が遅れましたが、兄は古馬になって重賞を3勝したユーキャンスマイル。これからますます楽しみな存在だと思います」(競馬記者)

 レース後、今浪厩務員は自身のTwitterで「ルビー無事に帰ってきました(笑顔)勝ったぞ」とファンに勝利の報告。早くも多くのリプライが寄せられているようだ。

 また、今回のルビーカサブランカを注目する上で重要な要素となったのが、昨年5月に行われたシドニーT(3勝クラス)だったという。

 今回と同じ中京の芝2000mで行われた一戦。1着から4着まで1/2、クビ、クビという大接戦ながらルビーカサブランカは3着に敗れており、一見すると大きな強調材料にはならなさそうだ。

 しかし、このレースを勝ったのは、この日の愛知杯で2番人気に支持されていたソフトフルートだ。これだけでもルビーカサブランカの7番人気はやや低評価だったように思えるが、2着には昨秋のエリザベス女王杯(G1)を制したアカイイトというビッグネームが……。

 さらに4着のクラヴェルも、後のエリザベス女王杯で3着に好走しているのだから、非常にレベルの高いレースだったことがうかがえる。

「残念ながら勝ったソフトフルートは4着でしたが、シドニーTで接戦を演じたルビーカサブランカは(ハンデに)1キロ恵まれた52キロ。これだけを見てもソフトフルートを逆転できるチャンスはありました。

(シドニーTで)2着だったアカイイトはもちろん、クラヴェルも今後の重賞戦線を盛り上げていく存在ですし、今秋のエリザベス女王杯でこの4頭が再び激突すれば熱いレースが期待できそうですね。ルビーカサブランカも重賞ホースになりましたし、楽しみに待ちたいと思います」(同)

 記者が話す“シドニーTの4強”で、まず注目したいのが16日の日経新春杯(G2)に出走するクラヴェルだ。

 同じ2200mのエリザベス女王杯で3着したことから、ここでも上位人気が予想されるが、もしステラヴェローチェらを破って重賞初制覇を果たすようなことがあれば、昨年のシドニーTが「伝説のレース」と呼ばれるようになるかもしれない。

 実は以前はダート1200mで行われており、昨年から芝2000mの牝馬限定戦となったシドニーT。JRAが施行条件を頻繁に変更することへ不満を持っているファンは少なくないが、今回の変更は大成功だったようだ。

(文=銀シャリ松岡)

<著者プロフィール>
 天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

JRA「G1・9勝」武豊ルビーカサブランカは、あの「ゴルシ担当」今浪厩務員! 白毛の女王ソダシも手掛ける腕利きが通算20勝の大台にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【クイーンS】ボンドガール武豊は「仲間外れ」の孤軍奮闘!? 「休み明け」C.ルメールは新潟ではなく札幌参戦
  2. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 武豊「マジック炸裂」も次走で鞍上問題発生!? 一撃“5億円”獲得「世代ナンバーワン牡馬」が参戦予定
  4. 重賞勝ち馬で「伝説」に匹敵のセントライト記念!? アルナシーム優勝で朝日杯が話題も…休養中の実力馬が秋の復帰に準備着々
  5. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  6. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  7. JRA「暑熱対策」に関係者からブーイング続出!?朝帰り避けられぬ可能性も…「遅過ぎる最終レース」に現場は戦々恐々
  8. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  9. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  10. 【クイーンS】藤田伸二を背に初重賞制覇を飾った「名牝」、今年の狙い目は武豊騎乗「恵量」の3歳馬?【東大式必勝馬券予想】