GJ > 競馬ニュース > イクイノックスVSジオグリフは実現せず!? 超豪華絢爛の木村哲也厩舎が抱える深刻な“C.ルメール依存症”…解決策はいつものアレ?
NEW

JRA イクイノックスVSジオグリフは実現せず!? 豪華絢爛の木村哲也厩舎が抱える深刻な“C.ルメール依存症”…解決策はいつものアレ?

JRA イクイノックスVSジオグリフは実現せず!? 超豪華絢爛の木村哲也厩舎が抱える深刻なC.ルメール依存症…解決策はいつものアレ?の画像1
イクイノックス 競馬つらつらより

 昨年、所属騎手へのパワハラに関する訴訟に関連して、JRAから調教停止処分を受け、同年11月に復帰した木村哲也調教師。復帰後は着実に勝ち星を挙げ、重賞を2勝するなど順調な再スタートを切っている。

 昨年は悪目立ちしてしまった木村厩舎だが、名誉挽回へ向けて大きなチャンスとなりそうなのが3歳クラシック戦線だ。今年は主役となり得る、強力な3歳馬が揃っている。

 中でも筆頭格はイクイノックスだろう。

 8月の新馬戦では、後に2歳女王となるサークルオブライフ、エリカ賞(1勝クラス)勝ちのサトノヘリオスなどに7馬身以上の着差をつけ圧勝。2戦目の東京スポーツ杯2歳S(G2)でも上がり3F32.9秒の豪脚を繰り出し快勝。暮れの2歳G1こそ姿がなかったが、現時点で同世代の中でも頭ひとつ抜けた存在になっている。

JRA イクイノックスVSジオグリフは実現せず!? 超豪華絢爛の木村哲也厩舎が抱える深刻なC.ルメール依存症…解決策はいつものアレ?の画像2
ジオグリフ 撮影:Ruriko.I

 次に名が挙がるのがジオグリフだ。

 2戦目となる札幌2歳S(G3)を圧勝し重賞初勝利。続く朝日杯FS(G1)では2番人気の支持を受けるも5着に敗れている。しかし、距離短縮や直線での不利など、ベストパフォーマンスとは言い難い内容だった。陣営からもポテンシャルは高く評価されており、札幌2歳Sの内容から世代間での実力は上位だろう。

 その他にも、重賞2勝のリアアメリアの妹で、ベゴニア賞(1勝クラス)2着のリアグラシア。サウジアラビアロイヤルC(G3)2着のステルナティーア。カンナS(OP)勝ち馬で、叔父にG2・3勝のシャケトラがいる良血コラリンなど、実力馬が揃う。

 大将格のイクイノックスは皐月賞(G1)直行を予定。その他の馬も、今後順調に駒を進めればクラシック本番でも有力候補の一角となってきそうだ。

 その一方で、陣営が今後頭を悩ますであろうことが「鞍上問題」だ。木村厩舎で勝ち上がっている現3歳世代の7頭のうち、6頭に直近のレースでC.ルメール騎手が騎乗している。

 阪神JF(G1)でのステルナティーアのみ、主戦の福永祐一騎手が香港で騎乗するための代打騎乗で、今後は福永騎手に戻る可能性がある。しかし、他の馬は事実上ルメール騎手が主戦の馬ばかり。今後は前哨戦だけでなく、本番を迎える際にも多くの馬が他の騎手への乗り替わりを強いられる事になりそうだ。

 ただでさえG1での乗り替わりはマイナスと言われるが、名手ルメール騎手からの乗り替わりとなると、鞍上弱化は否めない。管理馬が勝ち上がれば嬉しい反面、鞍上問題では陣営も頭が痛いところだろう。

 牡馬路線では、現状イクイノックスを選ぶ可能性が高いと見られているが、ジオグリフも次戦に予定している共同通信杯(G3)の内容次第では、ルメール騎手を悩ませる事になるかもしれない。ちなみにルメール騎手には、他にも国枝栄厩舎所属のコマンドラインなどがおり、実力馬を選り取り見取りといった状況だ。

 最近では、同じ騎手でレースに出走するために、お手馬同士の直接対決を避けるレース選択をするケースもあるようだ。木村厩舎の管理馬の多くはノーザンファーム生産馬で、馬主もサンデーレーシング、シルクレーシング、キャロットファームなどノーザンファーム系の一口馬主クラブがずらりと並ぶだけに、いわゆる”使い分け”も視野に入るだろう。

 陣営がどういったレース選択をし、ルメール騎手がどの馬に騎乗するのか。この春の主役となり得る木村厩舎と5年連続リーディングジョッキーの動向から、目が離せない。

(文=椎名佳祐)

<著者プロフィール>
 ディープインパクトの菊花賞を現地観戦し競馬にのめり込む。馬券はアドマイヤジャパン単勝勝負で直線は卒倒した。平日は地方、週末は中央競馬と競馬漬けの日々を送る。

JRA イクイノックスVSジオグリフは実現せず!? 豪華絢爛の木村哲也厩舎が抱える深刻な“C.ルメール依存症”…解決策はいつものアレ?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内