GJ > 競馬ニュース > 牧場関係者がSNSで大炎上!? 被害者は皐月賞(G1)を制した種牡馬…一歩誤れば大惨事の顛末
NEW

牧場関係者がSNSで大炎上!? 被害者は皐月賞(G1)を制した種牡馬…一歩誤れば大惨事の顛末

【この記事のキーワード】, ,

牧場関係者がSNSで大炎上!? 被害者は皐月賞(G1)を制した種牡馬…一歩誤れば大惨事の顛末の画像1

 昨年、スマホアプリゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)が大ヒットしたことにより、競馬ファンが急増。その一方で、マナーの悪さが目立つファンや牧場に無許可で見学に訪れるファンが現れ、問題となった。

 引退馬などを繋養している牧場はSNSなどを通じ、念を押して「完全事前予約制」によって見学可能であることを周知徹底しているケースも多い。また、非常識な見学者が後を絶たないのであれば、見学不可の措置を講じると警告する事態に発展したケースもあった。

 しかし、今度はあろうことかファンではなく牧場スタッフが、あってはならない行動をとってしまったそうだ。

 3日、北海道日高郡新ひだか町の嶋田牧場がTwitterを更新。「多大なるご迷惑をおかけした事をお詫び致します」と、競馬ファンなどへ謝罪の意を表明した。

 発端となったのは、同牧場で働いている女性社員の行動だった。

 女性は同町にある種牡馬繋養牧場のアロースタッドを研修生として訪問し、種牡馬のエポカドーロを撮影。動画内では柵の外から2018年の皐月賞(G1)優勝馬を撮っただけでなく、女性がエポカドーロの鼻や口元を触るシーンも映されていた。

 そして、その動画をSNS上にアップロードしたところ瞬く間に拡散。視聴したファンや同馬のファンド保有者から多くの非難が、女性のSNSアカウントに殺到する事態となった。

「うーん……。ちょっとこれはいただけないですね。エポカドーロはシンジケートが組まれている種牡馬ですので、ファンド保有者に許可なく馬に接触することは禁止されていると思います。

まだ、撫でているだけなら、ここまで炎上はしないと思います。問題はエポカドーロの口へ自身の手を入れていることですね。馬は噛む習性があり、力は非常に強いです。一歩間違えれば大怪我ですからね。

アロースタッドのスタッフならまだしも外部の方ですから、同スタッドもどう責任をとればいいのやら……。怪我が無かったのは幸いですが、多くの方々に迷惑をかけてしまった残念な行為ですね」(競馬誌ライター)

 女性はエポカドーロの口に手を入れた件について、馬が首を出してくれて安全だと判断したと説明。また、批判に対しては反論していたが、事の重大さに気付いたのか、その後は一連の行動について全て謝罪した。

 しかし、併せて一部の行き過ぎた批判や誹謗中傷と判断した書き込み等については法的措置も辞さないことを表明した。これが結果的に火に油を注ぐ形となり、再び炎上。女性はTwitterやインスタグラムなどのSNSアカウントを削除、非公開にしたようだ。

 アロースタッドによると、女性はその後直接、謝罪に訪れたという。また、雇用主の嶋田牧場とはSNS等を使用しないことを約束。二度と今回のような出来事は起こらないことを祈るばかりだ。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

牧場関係者がSNSで大炎上!? 被害者は皐月賞(G1)を制した種牡馬…一歩誤れば大惨事の顛末のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス