GJ > 競馬ニュース > セントウルS(G2)メイケイエール、ソングラインも侮れない!? 短距離重賞で波乱続出、「ハイレベルレース」経由の伏兵とは
NEW

セントウルS(G2)メイケイエール、ソングラインも侮れない!? 短距離重賞で波乱続出、「ハイレベルレース」経由の伏兵とは

セントウルS(G2)メイケイエール、ソングラインも侮れない!? 短距離重賞で波乱続出、「ハイレベルレース」経由の伏兵とはの画像1

 今週末は中京競馬場でセントウルS(G2)が開催。秋のスプリンターズS(G1)へ向けて重要な一戦となるだろう。

 振り返れば、春の高松宮記念(G1)では、3強を形成したレシステンシア、メイケイエール、グレナディアガーズがいずれも圏外に敗れ、3連単278万馬券が飛び出す大波乱となったことは、ファンの記憶にもまだ新しいはずだ。

 昨年末には、短距離路線のG1を牽引したグランアレグリアやダノンスマッシュが引退。昨年のスプリンターズS覇者ピクシーナイトも香港での怪我により戦線離脱を余儀なくされ、相次ぐ主役級の不在が混戦を招いた一つの要因となったかもしれない。

 そんな確固たる主役不在の短距離界において、重要なステップとなるセントウルSでは今のところメイケイエール、ソングラインの2強ムードが漂っている。とはいえ前者はG1馬というわけではなく、後者に至ってはスプリント重賞すら未勝利。付け入る余地はゼロではないだろう。

2強の一角崩しに期待できる伏兵候補に注目

 そこで、2強の一角崩しに期待できる伏兵候補に注目したい。

 それはダディーズビビッド(牡4、栗東・千田輝彦厩舎)、ファストフォース(牡6、栗東・西村真幸厩舎)、ボンボヤージ(牝5、栗東・梅田智之厩舎)の3頭だ。その根拠はというと、今年の短距離重賞で度々波乱を演出している「オーシャンS(G3)に出走していた馬」だからにほかならない。

 高松宮記念で1着のナランフレグと3着のキルロードは、このオーシャンSを経由した馬たちなのだ。前者は8番人気、後者は17番人気での激走で低評価を覆している。

 また、アイビスSD(G3)で14番人気ながら3着したロードベイリーフや、北九州記念(G3)で単勝万馬券の大金星を挙げたボンボヤージも、同じくオーシャンSに出走していた組だったのは驚きだ。ここまで激走が続くのなら、オーシャンSが隠れた「ハイレベルレース」だったと言っても過言ではない。

 では、先述した3頭で馬券的な旨味があるのはどの馬になるだろうか。

 先に挙げた伏兵候補の内、ダディーズビビッドは中京芝コースで「2-4-0-2/8」の中京巧者であることからも、それなりの人気は集めそう。またボンボヤージは前走で北九州記念を勝った激走直後であり、前回より人気薄になることは考えづらく、狙い頃は過ぎたように感じる。

 そうなると、一番の狙い目はファストフォースなのかもしれない。

 ファストフォースは、昨年のCBC賞(G3)を当時の日本レコードで制した快速馬。高松宮記念では着順こそ9着だったとはいえ、16番人気で勝ったナランフレグとはコンマ3秒差に奮闘。近2走はCBC賞(4番人気、12着)、北九州記念(8番人気、10着)といずれも二桁着順に敗れているが、オッズ的にはむしろ今回の方がオイシイと言えるだろう。

 今年の短距離重賞では、人気薄での激走が目立つオーシャンS出走馬。メイケイエール、ソングラインに割って入る伏兵の激走は果たしてあるのだろうか。

セントウルS(G2)メイケイエール、ソングラインも侮れない!? 短距離重賞で波乱続出、「ハイレベルレース」経由の伏兵とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは