GJ > 競馬ニュース > 福永祐一に”盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
NEW

福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相

【この記事のキーワード】, ,

「福永祐一に盗まれた」の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相の画像1

 24日、中京競馬場の芝2000mを舞台に野路菊S(OP)が行われる。過去にはダービー馬のワグネリアンやメイショウサムソンを始め、ラブリーデイ、ウインバリアシオンなどの強豪を輩出している出世レースだ。

 そんな名馬たちに続かんとばかりに今年、このレースで新馬戦からの連勝を狙うのがファントムシーフ(牡2歳、栗東・西村真幸厩舎)だ。

 デビュー戦となった6月の阪神・芝1600mを1番人気で完勝。レース後、一部のメディアでは早くも父ハービンジャーの後継種牡馬候補としても名を挙げられたほどの大物である。

 今回はそれ以来、約3ヶ月ぶりの実戦になるが、栗東CWの1週前追い切りでは3頭併せで豪快に先着。坂路で行われた最終追い切りでも鋭く脚を伸ばして好調ぶりをアピールしている。

『デイリースポーツ』の取材に対し、陣営から「体が成長してたくましくなっている。残り3Fから気合を入れましたが、しっかり反応して動けていますね」というコメントも出ており、休み明けの不安もほとんど無さそうだ。

「福永祐一に盗まれた」の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相の画像2
福永祐一騎手

 なお、鞍上には新コンビの福永祐一騎手を迎える。

 先述のワグネリアンとともに野路菊Sを制し、翌年に日本ダービー(G1)の栄冠をつかみ取ったのが福永騎手である。このレースが来春へ向けていかに重要か、もっともよく知る騎手の1人だろう。

 今年の野路菊Sには他にも、2歳ナンバーワンの呼び声もあるカルロヴェローチェや、今村聖奈騎手のスカパラダイスなどが出走予定。一筋縄ではいきそうにない強敵を相手に、どのような手綱さばきを見せてくれるか楽しみにしたい。

 一方で、今回まさかの降板となってしまったのが和田竜二騎手である。

 初戦で本馬とコンビを組んだ和田竜騎手は、道中3番手で見事に折り合いをつけると、直線で抜け出すタイミングもほぼドンピシャ。レースを見返す限り、ほとんど完璧に近いエスコートだったといえるのではないか。

 また、レース後には「素直な馬なので、これからの成長が楽しみです」と、本馬に対してゾッコンともいえる心情も伝わってくる。

「福永祐一に盗まれた」の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相の画像3
和田竜二騎手

 これらの背景から、人馬の今後を期待したファンも多かったと思われるが、まさかのスイッチが決まったことでSNSやネット掲示板などには一部のファンから「なぜ乗り替わりになるのか」「和田さんが可哀想」といった声が上がることに。

 また、ファントムシーフの馬名意味が「怪盗」であることや、母の名前がルパンIIなのにかけて「福永に盗まれたな」と例えるファンもいた。

「ただ、ファントムシーフは、元々D.レーン騎手を背に6月18日の東京・芝1400mでデビューを予定していた馬でもあり、その後、同日の阪神マイル戦に変更になったという経緯があります。

和田竜騎手は当日の阪神で空いていたジョッキーの中から選ばれており、レースでも全くのテン乗りでした。それらを考えると、リリーフとして依頼をされていた可能性もありそうです」(競馬誌ライター)

 ちなみに、福永騎手は僚馬プロトポロスのデビュー前の調教に騎乗した際、併せていたファントムシーフの動きを絶賛。こういった厩舎へのさりげないアピールも、今回の新コンビ結成につながったか。

 陣営としても実際のレースで本馬に跨ってもらい、現時点でトップジョッキーが下すジャッジを今後の指標にする狙いもあるのかもしれない。

 ただ、福永騎手には他にもフェイトなど有力2歳馬が控えているため、それらの動向次第では再び和田竜騎手に手綱が戻る可能性も残されている。まずは今週末のファントムシーフの走りに注目したい。

冨樫某

冨樫某

キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感