GJ > 競馬ニュース > ダービー馬ワグネリアン輩出の出世レースに「クラシック候補」の真打ち登場!「伝説の新馬戦」覇者に疑いの余地なし、ファンからは早くも「確勝級」の声
NEW

ダービー馬ワグネリアン輩出の出世レースに「クラシック候補」の真打ち登場!「伝説の新馬戦」覇者に疑いの余地なし、ファンからは早くも「確勝級」の声

【この記事のキーワード】, ,
ダービー馬ワグネリアン輩出の出世レースに「クラシック候補」の真打ち登場!「伝説の新馬戦」覇者に疑いの余地なし、ファンからは早くも「確勝級」の声の画像1
C.ルメール騎手

 24日に中京競馬場で行われる野路菊S(2歳OP)は、競馬ファンの間ではちょっとした出世レースとして有名だ。

 過去には、このレースを勝利したメイショウサムソンやワグネリアンなどが日本ダービー(G1)を制覇。オープン競走ではあるものの、古くからクラシックにも繋がる重要なレースである。

 そんな出世レースで堂々の主役となりそうなのが、カルロヴェローチェ(牡2、栗東・須貝尚介厩舎)だ。21日現在、大手競馬サイト『netkeiba.com』の予想オッズでは、単勝オッズ1.4倍想定の断然人気となっている。

 近年、多くの活躍馬を輩出している宝塚記念(G1)デーの新馬戦を快勝したカルロヴェローチェ。直線も軽く追われただけで後続を突き放し、手綱を取ったC.ルメール騎手が「良い能力で加速してくれました」と太鼓判を押した逸材だ。

「伝説の新馬戦」覇者に疑いの余地なし

 またカルロヴェローチェの評価は、それから日を追う毎に上昇している。というのも、新馬戦で破った2~5着までの馬がそれ以降、軒並み勝ち上がっているからである。

 2着に破ったチャンスザローゼスは、先日の未勝利戦で2着に3馬身半差をつけて圧勝。また3着のゴッドファーザーも、2戦目の未勝利戦で2着に10馬身差の大楽勝を決めている。

 さらに、4着のアンテロースや5着のドゥラエレーデさえもその後すぐに勝ち上がっていることから、上述した5頭が相見えた一戦に対しファンからは「伝説の新馬戦」との声も上がっているほどだ。

 そんなハイレベルな一戦を完勝したカルロヴェローチェに、ファンの期待が大きくなるのは当然だろう。

 2戦目に予定していた札幌2歳S(G3)をソエで回避したものの、幸い症状は軽く今回は仕切り直しの一戦。とはいえG1級と噂される馬にとっては、レースの格を下げたここで負けるわけにもいかまい。

 そうなると、やはり気になるのは相手関係か。

「人気の一角を担いそうなファントムシーフですが、デビュー前から調教の動きも申し分なく素質高い1頭ですよ。ですがデビュー戦で負かした11頭の内、のちに勝ち上がっているのは1頭だけなので、正直カルロヴェローチェの新馬戦と比べるとレースレベル自体に物足りなさは感じます。

もう1頭人気を集めそうなアリスヴェリテも新馬戦を快勝したとはいえ、その時2着に破ったトーホウガレオンが次戦でチャンスザローゼスに3馬身半差をつけられ完敗していますから、相手関係を考えてもカルロヴェローチェとは現時点で差があるかもしれません。

そう考えると、やはり注目はカルロヴェローチェの『勝ち方』とも言えるでしょうか。新馬戦の時は追い切り本数も少なく十分な仕上げではなかったようですし、それでいてあの勝ち方ですから能力は計り知れません。ここは単なる通過点にしてもらいたいですね」(競馬誌ライター)

 札幌2歳Sに出走していても勝ち負けを期待できた逸材が、野路菊Sへ矛先を変えてきたことで周囲からの期待感はMAXに達しているかもしれない。ネットの掲示板やSNS等では「確勝級」「鉄板」など、ファンからは早くも勝利を確信するかのような声も上がっている。

 果たしてカルロヴェローチェは噂通りの「クラシック候補」なのだろうか。注目したい一戦となりそうだ。

ハイキック熊田

ハイキック熊田

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

ダービー馬ワグネリアン輩出の出世レースに「クラシック候補」の真打ち登場!「伝説の新馬戦」覇者に疑いの余地なし、ファンからは早くも「確勝級」の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  3. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  6. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  7. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  8. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  9. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  10. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート