GJ > 競馬ニュース > 横山武史「今日は相手が悪過ぎた」シルバーステート産駒の大物に完全白旗、「ダノンベルーガにしか負けていない」逸材が菊花賞候補に名乗り
NEW

横山武史「今日は相手が悪過ぎた」シルバーステート産駒の大物に完全白旗、「ダノンベルーガにしか負けていない」逸材が菊花賞候補に名乗り

横山武史「今日は相手が悪過ぎた」シルバーステート産駒の大物に完全白旗、「ダノンベルーガにしか負けていない」逸材が菊花賞候補に名乗りの画像1
C.ルメール騎手

 19日、中山10RでシンボリクリスエスC(2勝クラス・芝2000m)が行われた。1着、2着はただ2頭だけ出走していた3歳馬。3着以下を7馬身も置き去りにしたマッチレースを、2着馬に1/2馬身差で制したのはバトルボーン(牡3歳、美浦・林徹厩舎)だ。

「先頭に立ってから物見をするところがありましたが、2着の馬が併せてきたらまた反応しました。良い馬です」

 この勝利には、手綱を取ったC.ルメール騎手もパートナーの素質を称賛。着差以上に手応えが良かったということか。

横山武史騎手「今日は相手が悪過ぎた」

 むしろ採り上げたいのは2着馬サンストックトン(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)に騎乗した横山武史騎手の「レースの内容としては悪くありません。今日は相手が悪過ぎました。それに尽きます」というコメントだ。

「あの馬には乗ったことがあり、強いことは知っていました」と語っていたように、バトルボーンは過去に1度コンビを組んだ相手。その強さを自身も理解していただけに、勝てる気がしなかったのではないか。

 それもそのはず。バトルボーンはこれまでの4戦で、今年のダービー1番人気馬・ダノンベルーガ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)以外に先着を許していないほど、スケールの大きな馬なのだ。

 両馬が対決したのは昨年11月の2歳新馬戦。逃げたバトルボーンをダノンベルーガがラスト200mで捕まえると、そのまま2馬身差をつけて完勝した。勝ち馬には完敗したバトルボーンだが、3着とは5馬身もの差がついていた。ダノンベルーガが次走の共同通信杯(G3)を快勝し、春のクラシックでも上位人気に支持された馬だったことを思えば、まさに相手が悪かったというところだろう。

 ダノンベルーガがデビューから無敗の2連勝で共同通信杯を制したおよそ1ヶ月後、バトルボーンは未勝利戦に臨む。後に3頭が勝ち上がるなど、決して弱い相手ではなかったが、後続を4馬身突き放して楽々と勝利した。

 このパフォーマンスについて、ノーザンファームの吉田勝己代表はJRA-VANの公式インタビューで「シルバーステート産駒のバトルボーンなんて、相当上まで行きそうですよ。重賞も勝てそうな内容でした」と絶賛している。

 そして、“重賞級”の走りを見せたこのレースで騎乗していたのが他ならぬ横山武騎手だったのだ。

 3戦目の1勝クラスもゴール前で流す余裕を見せながら、2着馬に3馬身差をつけ快勝。大本命として臨んだ今回の2勝クラスだったが、これもまだ通過点かもしれない。

 新馬戦が強豪相手の2着で、その後に未勝利戦から3連勝の戦績は、父シルバーステートの現役時代に酷似している。父は新馬戦で後のG1馬・アドマイヤリードに敗れたが、続く未勝利戦から4連勝をあげているのだ。

 バトルボーンの次走は未定だが、父に並ぶ4連勝も夢ではないはず。今回の勝利で、ラスト1冠の菊花賞(G1)への参戦を視野に入れても不思議ではない。

 シルバーステートは3勝クラス(当時は1600万下)を勝利したところで屈腱炎により無念の引退となってしまった。5戦という短いキャリアの全レースで騎乗した福永祐一騎手が「エンジン性能ではNo.1」と語るほどの大器がG1レースで走る姿を夢見たファンは多かっただろう。

 父の足跡をぴったりと辿るバトルボーンには、その物語の続きを歩み、再びダノンベルーガに挑戦状を叩きつけてほしいものだ。

横山武史「今日は相手が悪過ぎた」シルバーステート産駒の大物に完全白旗、「ダノンベルーガにしか負けていない」逸材が菊花賞候補に名乗りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配