GJ > 競馬ニュース > オールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
NEW

JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…

JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…の画像1

「いつも通りの感じ。順調な仕上がりです」

25日のオールカマー(G2、中山・芝2200m)に向けた最終追い切りで、ジェラルディーナ(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が軽快な動きを見せている。栗東のCウッドで併せ馬を行い、最後は併入ながら脚色は上々だった。

 G1・7勝馬ジェンティルドンナの娘として、デビューから大きな注目を集めてきた超良血馬のジェラルディーナ。残念ながら、偉大な母のようにクラシックを席巻することはできなかったが、ここ2走は鳴尾記念(G3)2着、小倉記念(G3)3着と本格化の兆しを見せている。

 今回、さらにメンバーが強くなるが、陣営も「リズム良く走れれば、最後は伸びてくる」と色気十分。今の充実ぶりなら、好勝負を演じてもおかしくないはずだ。

JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…の画像2
横山武史騎手

 その一方で「ちょっと気落ちしているみたい」と心配されているのが、新コンビを組むことになった横山武史騎手だ。

 横山武騎手と言えば、今や若手の代表的存在だ。昨年、エフフォーリアとのコンビで競馬界の中心に君臨し、ちょうど1年前のオールカマーもウインマリリンとのコンビで勝利するなど、今や押しも押されもせぬトップジョッキーの1人と言えるだろう。

 しかし、今年は順調に勝ち星を稼いでいる一方、昨年G1/5勝を含む9勝と大暴れした重賞の舞台で結果が出ていない。重賞制覇は3月のチューリップ賞(G2)が最後で、今年はこの1勝に留まっている。

 また、現在休養中のエフフォーリアは当初10月の天皇賞・秋(G1)で復帰予定だったが、陣営から年末の有馬記念(G1)に目標を切り替えたことが発表されたばかり。大舞台で結果を残したい横山武騎手にとっても、最強のパートナーの秋ほぼ全休はショックだったに違いない。

ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…

「実は今回のオールカマー(G2)で横山武騎手は当初、ソーヴァリアントに騎乗予定だったそうです。しかし、最終的には川田将雅騎手が騎乗できるということで、横山武騎手はジェラルディーナと新コンビを組むことになったとか。

ジェラルディーナも決して悪くない馬ですが、今回の相手はデアリングタクトやテーオーロイヤルといったG1実績を持つ馬ですからね……。

ソーヴァリアントはC.ルメール騎手で前走のチャレンジC(G3)を勝ちましたが、本馬が目標にしている天皇賞・秋では3歳馬のイクイノックスに騎乗する予定。エフフォーリアに乗れなくなった横山武騎手としては、当然ソーヴァリアントとの天皇賞挑戦を思い描いていたはずですが……。本人もかなり気落ちしているようですし、それを上手く隠せない性格なので少し心配です」(競馬記者)

 記者曰く、横山武騎手は1年も前から、ソーヴァリアントの実力を高く評価していたそうだ。

 昨年8月の藻岩山特別(2勝クラス)でソーヴァリアントに騎乗した横山武騎手だが、レースは3馬身半差の圧勝。レース後のインタビューでは「強かった。まだ緩いところがあるけど、重賞でもチャンスがある馬。これからが楽しみです」と絶賛していた。

 さらにその後、タイトルホルダーとソーヴァリアントが激突したセントライト記念(G2)の直前には、親しい関係者に「タイトルホルダーよりもソーヴァリアントの方が上」と話していたという。

「もしタイトルホルダーが先約でなければ、ソーヴァリアントに騎乗していたかも」というのは、前出の記者の話だ。

「もちろん、当初はまだタイトルホルダーの本格化前の話ですし、単純にタイトルホルダー<ソーヴァリアントというわけではないでしょうが、これだけを見ても横山武騎手の後者への評価が極めて高かったことがわかります。

だからこそ、今回のオールカマーは横山武騎手にとって待望の再開となるはずでしたが……」(同)

 繰り返しになるが、横山武騎手が騎乗するジェラルディーナも決してチャンスがない馬ではないし、ソーヴァリアントに騎乗することになった川田騎手は誰もが認める現在のリーディングジョッキーだ。

 だが、一度コンビが決まりかけたところを降ろされた背景には、横山武騎手が昨年ほどの活躍が出来ていないことも無関係ではないだろう。

 例え、川田騎手が相手でも鞍上を譲らないような“真”のトップジョッキーへ――。まずは、目の前のジェラルディーナでしっかりと結果を残しておきたい。

銀シャリ松岡

銀シャリ松岡

天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感