GJ > 競馬ニュース > ジャパンC「逃亡」デアリングタクトに不穏な前兆…女王復活に欠かせないものとは
NEW

ジャパンC「逃亡」デアリングタクトに不穏な前兆…女王復活に欠かせないものとは

【この記事のキーワード】, ,
ジャパンC「逃亡」デアリングタクトに不穏な前兆…女王復活に欠かせないものとはの画像1
デアリングタクト 撮影:Ruriko.I

 G1中休みとなった先週末の開催が終わり、今週から年末まで8週連続のG1開催が待ち受ける。その一発目となるのが、13日に阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯(G1)である。

 二冠牝馬スターズオンアースの故障による戦線離脱は残念だが、秋華賞(G1)で同馬の三冠を阻止したスタニングローズに加え、外国馬マジカルラグーンも参戦。なかなかの好メンバーが集まったといえるだろう。

 しかし、2年前に無敗で牝馬三冠を達成したデアリングタクト(牝5、栗東・杉山晴紀厩舎)が出走を予定していることには少々驚かされた。

 デビューから無敗の5連勝で勝利を飾った2020年の秋華賞を最後に勝利から遠ざかっているとはいえ、現役トップクラスの実力はまだまだ健在。右前の繋靱帯炎で1年1か月ぶりの復帰戦となったヴィクトリアマイル(G1)こそ6着に敗れたが、復帰2戦目の宝塚記念(G1)で3着に入り、復調を感じられたばかり。

 9月のオールカマー(G2)で6着と不覚を取ったものの、この時の中山開催はスプリンターズS(G1)で騎乗した騎手から外が不利過ぎると不満も出ていた馬場状態だった。

 内を突いたジェラルディーナに対し、後方から外を回したデアリングタクトが後れを取ったとしても、そこまで悲観する内容だったのかといわれると、情状酌量の余地は残されていたはずだ。

 にもかかわらず、3歳時にアーモンドアイやコントレイル相手に3着と善戦したジャパンC(G1)ではなく、牝馬限定のエリザベス女王杯を選択した陣営が弱気に映ったのは気のせいだろうか。

ジャパンC「逃亡」デアリングタクトに不穏な前兆…

 デアリングタクトが所属するノルマンディーTRを率いる岡田牧雄代表はかつて「デアリングタクトはファンが望むような馬と対戦させたい」と話していた人物。エリザベス女王杯も楽しみにしているファンは勿論多いだろうが、万全の状態ならジャパンCへの出走を視野に入れていたのではないかという疑問は残った。

 また、岡田代表は『デイリースポーツ』の取材に「オールカマーでいい結果が出ればジャパンCへ。また、もう一つG1を獲らせたいので、エリザベス女王杯も考えています。後者の場合は暮れの香港に遠征したいですね。香港でリベンジしたい気持ちもあります」とも答えていたことも事実である。

 この言葉の通り、オールカマーで敗れた結果、ジャパンCではなくエリザベス女王杯が選ばれた訳だが、闘争心や競走能力の衰えすら考えられるかもしれない。

 オールカマー敗戦後に松山弘平騎手から「ここは楽に勝ち負けしたかったのですが、最後は前を交わすのがやっと」と振り返り、杉山調教師も「上がっていく時に、いつもの感じとは違いました。良い時は騎手が手を焼くほどの馬なのに」とコメントをしていたのは気になった。

 どちらにも共通して言えることは、好調時に見せている「らしさがなかった」という点だ。

 一部で噂されていたエピファネイア産駒の早熟説については、イズジョーノキセキが府中牝馬S(G2)を制したことで小康状態となったが、デアリングタクトもこれに続いて父の名誉を守ることができるだろうか。

黒井零

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

ジャパンC「逃亡」デアリングタクトに不穏な前兆…女王復活に欠かせないものとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”