GJ > 競馬ニュース > 岩田康誠「裏切り」の騎乗停止でチャンス霧散…ソダシ撃破成功も大き過ぎた代償
NEW

岩田康誠「裏切り」の騎乗停止でチャンス霧散…ソダシ撃破成功も大き過ぎた代償

岩田康誠「裏切り」の騎乗停止でチャンス霧散…ソダシ撃破成功も大き過ぎた代償の画像1
岩田康誠騎手 撮影:Ruriko.I

 先週末に東京競馬場で行われた天皇賞・秋(G1)は、1番人気に支持されたイクイノックスが優勝。昨年のエフフォーリアに続いて3歳馬の勝利となり、タイトルホルダーを含めた現役最強馬を巡る争いも面白くなりそうだ。

 パンサラッサの大逃げに大きな注目の集まった天皇賞・秋だが、少し後味の悪さが残ったのも確かである。

 出走した全馬が能力を出し切れたレースと言い切れないのは、やはり2コーナーの事象だろう。

 コーナーの入り口で岩田康誠騎手の騎乗していたノースブリッジが内側に斜行したため、松山弘平騎手の騎乗していたマリアエレーナの進路が狭くなってしまった。この件について、岩田康騎手には11月12日(土曜)から13日(日曜)まで、2日間の騎乗停止処分が下された。

 勿論、岩田康騎手も意図的にやったことではないはずだが、ノースブリッジに幅寄せされた格好となったマリアエレーナは、あわや競走中止かというほど大きな不利。ちょうど内ラチが途切れた部分でもあり、明らかにコースから逸れた内側に追いやられ、大きくバランスを崩している。

 レース後に「最初のコーナーで不利がありましたが、最後までしっかり走ってくれました」とコメントを残した松山騎手だが、そのまま直進していたらラチに激突しかねないほどの不利だったように、精神的なダメージのみならず、その後のポジション取りにも影響を受けたといえるだろう。

「裏切り」の騎乗停止でチャンス霧散…

 結果的に加害者となった岩田康騎手だが、マリナエレーナ陣営に迷惑を掛けただけでなく、今回の騎乗停止処分は自身にも痛恨だった。というのも対象期間にあたる11月13日には、エリザベス女王杯(G1)が開催されるため、このレースに出走を予定していたイズジョーノキセキ(牝5、栗東・石坂公一厩舎)への騎乗が出来なくなってしまったからだ。

岩田康誠「裏切り」の騎乗停止でチャンス霧散…ソダシ撃破成功も大き過ぎた代償の画像2
C.ルメール騎手

 その一方でエリザベス女王杯の鞍上にC.ルメール騎手とのコンビが決定したことは不幸中の幸いか。これには石坂公師も「素晴らしいジョッキーが空いていた」と胸を撫で下ろした。

 ただ、前走の府中牝馬S(G2)でソダシの撃破に成功した立役者は、何といっても岩田康騎手であることも確か。大本命馬を倒したエスコートには、石坂公師も最大級の賛辞を贈ったほどだった。

 そして、ゴール前でガッツポーズを見せた岩田康騎手にとっても、イズジョーノキセキは地方時代からお世話になっているオーナーの所有馬。自身の騎乗停止で乗れなくなった代償はあまりにも大きい。

「やっとここまで、舞台を進めることが出来ました。馬主さんは園田の頃から応援して下さっていて、重賞初制覇と、その期待に応えることができて嬉しいです」

 レース後のコメントでも感謝の気持ちを表していただけに、本番での続投を望んでいたオーナーの期待を裏切る行為だったことは間違いない。イズジョーノキセキの勝利は、岩田康騎手の好騎乗がもたらしたともいえるだけに、ルメール騎手への乗り替わりは、必ずしもプラスと言い切れないかもしれない。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

岩田康誠「裏切り」の騎乗停止でチャンス霧散…ソダシ撃破成功も大き過ぎた代償のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”