GJ > 競馬ニュース > 福永祐一引退カウントダウンで争奪戦突入!JRA朝日杯FSはティニアで最後の花道を飾れるか
NEW

福永祐一引退カウントダウンで争奪戦突入!JRA朝日杯FSはティニアで最後の花道を飾れるか

福永祐一引退カウントダウンで争奪戦突入!JRA朝日杯FSはティニアで最後の花道を飾れるかの画像1
昨年は武豊騎手とドウデュースが悲願の初制覇

●衝撃の調教師転身

 福永祐一騎手の調教師試験合格のニュースは、競馬ファンはもちろん厩舎関係者、マスコミ、馬主などさまざまな方面に影響を与えた。確かにそうだろう。ここまで日本ダービー(G1)を3勝し、昨年まで12年連続で年間100勝をクリアする、日本でも五本の指に入るトップジョッキーの引退だからだ。年齢にしてもまだ46歳。若手の勢いはあるものの、熟練の技は衰えを見せず、その信頼は揺るぎない。

 しかしこれはある意味賢明な判断ともいえる。というのもJRAの調教師は70歳の定年制がある。つまり調教師になる年齢が遅いほど、調教師として実績を積み重ねる時間が少なくなるのだ。また騎手として脂の乗った今であれば、調教師になっても自ら馬に乗って調教をつけることができるわけで、ある意味で理にかなった判断なのである。

 残念なのは騎手としての福永祐一があと3ヶ月もないということ。すでにカウントダウンが始まり、G1レースに関していえば、今週末の朝日杯FS(G1)、そして来週末の有馬記念(G1)とホープフルS(G1)、来年2月のフェブラリーS(G1)まで。コントレイルの子供に騎乗して日本ダービーを目指すというのは叶わないのだから。

 ファンとしても気になるのは、福永騎手が残りのレースでどんな騎乗を見せてくれるのか。本人も悔いを残すことなく渾身の騎乗を見せるだろうし、また多くの有力馬も集まるだろう。

 今週末の朝日杯FSで福永騎手が騎乗を予定しているのは、フランケル産駒のティニア。ここまで2戦1勝で実績は劣るものの、素質はかなりのもの。当然チャンスはある。ただしレース全体を見れば、この朝日杯FSはかなり難解なレースだ。かつてこのレースを勝利したナリタブライアンやフジキセキのような、圧倒的な存在感を感じる馬はいない。おそらくレース当日も人気は分散し、馬券的にも高配当が期待できると想像できる。

 だがファンの誰もが何としてもこのレースを的中させたいはずだ。そしてイクイノックス、タイトルホルダー、エフフォーリアら豪華メンバーが揃った有馬記念に勢いをつけたいところ。そこで、競馬界のレジェンドと呼ばれる大物関係者が多数所属する「シンクタンク」に注目した。彼らはすでに、この難解な朝日杯FSを的中させるための準備が完了しているというのだ。

 シンクタンクには多くの元JRA調教師や元JRA騎手、そしてエージェント関係者や馬主関係者、生産関係者に社台グループ関係者など、各方面に携わるスタッフが所属している。彼らが入手する関係者の本音は、一般的な競馬マスコミや我々競馬ファンが入手できるような代物ではなく、関係者同士だからこそ分かち合える信頼に基づいた究極の情報。

 特に平井雄二元JRA調教師が率いる【重賞メイン特捜部】の働きぶりは凄まじい。あらゆる関係者から情報を集め、厳選に厳選を重ねた核心の情報を、元調教師と元騎手という本物のプロたちが徹底的に分析するのだ。

福永祐一引退カウントダウンで争奪戦突入!JRA朝日杯FSはティニアで最後の花道を飾れるかの画像2
皐月賞や菊花賞を制した平井雄二元JRA調教師

 その分析に基づき提供された情報は、この秋も多くの的中をファンに届けてきた。秋華賞(G1)、菊花賞(G1)、天皇賞・秋(G1)などのG1レースを筆頭に、ファンタジーS(G3)では【重賞メイン特捜部】が選出した5頭で馬券圏内を独占。3連単は46万円を超える高額万馬券決着となった。そして重賞以外でも多くの万馬券を的中させ、100万円を超える払い戻しを獲得したファンも少なくない。これらの結果が示すように、シンクタンクが誇る情報力はまさに業界最強と呼ぶにふさわしい。

福永祐一引退カウントダウンで争奪戦突入!JRA朝日杯FSはティニアで最後の花道を飾れるかの画像3
11月20日東京3Rで合計124万6700円獲得(ファン提供画像)

 この朝日杯FSもすでに買うべき5頭の勝負馬をピックアップしており、ファンタジーSの46万馬券の再現が期待できるほどの手応えがあるという。

すでに水面下で、福永騎手が抱えている騎乗依頼ルートの争奪戦が始まっています。来年3月以降は、福永騎手の穴がぽっかり空きますからね。そのために、特に騎手は自分のアピールに力が入っています。この朝日杯FSも格好のアピールの場と言えるでしょう。

 京王杯2歳S(G2)の勝ち馬オオバンブルマイ、デイリー杯2歳S(G2)の勝ち馬オールパルフェと2着ダノンタッチダウン、サウジアラビアRC(G3)の勝ち馬ドルチェモア、コーパスクリスティ、フロムダスクといったメンバーが印を集めていますが、福永騎手が騎乗するティニアを含め、伏兵もかなり揃っています。

 その中で我々シンクタンクの【重賞メイン特捜部】が注目している5頭は、間違いなく必見です。ファンタジーSで推奨した10番人気1着のリバーラに匹敵する穴馬もいますので、あの46万馬券を超える高配当馬券も期待できますよ」(シンクタンク担当者)

 こんな驚くべき情報を知りたいのであれば、今すぐシンクタンクにアクセスだ。なんと彼らはこの朝日杯FSで買うべき【勝負馬5頭】を無料で公開すると発表しているのである。本物の関係者集団であるシンクタンクの無料情報を入手すれば、朝日杯FSの的中はもはや目前といったところ。来週の有馬記念に向けて馬券資金を増やすためにも、ぜひシンクタンクの無料情報を活用してほしい。

 さらに驚くべきことに、シンクタンクはこの朝日杯FSだけでなく、すべての重賞レース、そして有馬記念やホープフルSなどのG1レースに関しても同様に、【重賞メイン特捜部】が厳選した5頭の勝負馬を無料で公開すると発表している。これはすべての競馬ファンにとって朗報だろう。

 この情報があれば難解な有馬記念も的中は目前。なぜならシンクタンクは、現在4年連続で有馬記念を的中と絶好調なのである。しかも19年には3連単5万7860円の高額万馬券を仕留めるなど、荒れるレースでもしっかり結果を残しているのが心強い。そして5年連続的中に向けて、並々ならぬ決意を持って挑んでいるというのだ。

 そんな情報を無料で入手できるのだから、この冬はシンクタンクから絶対に目が離せない。この12月で2022年の馬券収支を大幅プラスに変える絶好のチャンスだ。必ずやシンクタンクの無料情報をチェックしよう。

CLICK→無料公開!【朝日杯FS・有馬記念・ホープフルSなど「厳選5頭!」】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

福永祐一引退カウントダウンで争奪戦突入!JRA朝日杯FSはティニアで最後の花道を飾れるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ