GJ > 競馬ニュース > リバティアイランド「異次元の末脚」を超えた破壊力!? 桜花賞はあの馬に要注意
NEW

リバティアイランド「異次元の末脚」を超えた破壊力!? 桜花賞はあの馬に要注意

【この記事のキーワード】, ,
リバティアイランド「異次元の末脚」を超えた破壊力!? 桜花賞はあの馬に要注意の画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 11日、阪神競馬場で行われた2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)は、1番人気のリバティアイランドが2馬身半差で勝利。最後の直線で不利があった前走の鬱憤を晴らすような快勝で世代の頂点に君臨した。

「取りたいポジションを取って、リズム良く走らせました」

 レース後の勝利騎手インタビューで、主戦の川田将雅騎手から「能力の高い馬なので『気持ち良く走ってさえくれれば』と思っていました」と強気な発言が出たのも当然か。

 リバティアイランドといえば、デビュー戦で記録した上がり3ハロン31.4秒がJRA史上最速として大きな話題になった存在だ。前走のアルテミスS(G3)ではスムーズな競馬が出来ずに敗れたが、この日は外から伸び伸び脚を伸ばすと一枚上の破壊力を見せつけた。

「今回は5枠9番からのスタートでしたが、元JRA騎手の安藤勝己さんが『前走の敗戦が人馬の糧になってた』(公式Twitter)とツイートした通り、終始外々を回った安全策は『前走と同じ轍は踏まない』という強い主張にも見えました。

もちろん川田騎手にしても、リバティアイランドの能力を信じているからこそできる選択。ライバルにとっては、あの走りをされてはこの馬を負かすのは容易ではないでしょう。今春の二冠馬スターズオンアースと同じドゥラメンテ産駒。ゴール前は流す余裕のある勝利でしたし、来年は三冠さえ見据えたシーズンになりそうです」(競馬記者)

「異次元の末脚」を超えた破壊力!?

 また、リバティアイランドが最後の直線で見せた末脚は「これは異次元の決め手だ!」とJRAの公式VTRで実況されるほどの破壊力だった。だが一方で、実はこの2歳女王の末脚を大きく上回る決め手を見せていた馬がいる。

 6着に終わったドゥーラ(牝2歳、栗東・高橋康之厩舎)だ。

 4コーナーで8番手とほぼ中団だったリバティアイランドに対して、スタートで遅れたドゥーラは後方17番手。前半で楽をした分、速い上がりが使えることは必然だが、それにしても前者の上がり3ハロン35.5秒に対して、後者は35.0秒と0.5秒も差がある。当然、断トツの上がり最速だ。

 さらに記者が「スムーズなら、もっと切れていたはず」というから驚く他ない。

「リバティアイランドも強かったですが、今日のメンバーで逆転があるとすればドゥーラでしょうね。最後の直線で何度も挟まれるシーンがありながらも、最後まで力強い末脚。これまで洋芝の札幌でしか走ったことがなく、2連勝も好位から抜け出す内容だったので、あそこまでしっかりした脚が使えるとは思っていませんでした。

今回の阪神JFで一番完成度の高い競馬をしたのはリバティアイランドかもしれませんが、粗削りながら一番強い競馬をしたのはこの馬かもしれません。来年が楽しみですよ」(別の記者)

 記者が話す通り、ほぼ最後方で迎えた最後の直線で末脚にかけたドゥーラだったが、すぐにエイムインライフとハウピアに挟まれている。なんとか進路をこじ開けたものの、今度はドゥアイズに内から寄られる不利。外に避けようとしたが、さらにミシシッピテソーロと挟まれるなど、ほぼスムーズな走りが出来ないままゴールを迎えてしまった。

「(6着は)出負けした分ですかね。阪神外回りが初めてだったことを考えたら、最後はすごくいい脚を使ってくれました」

 レース後、そう斎藤新騎手から称えられたドゥーラ。今回は女王リバティアイランドに完敗という結果だったが、勝負付けを済ませてしまうのはまだ早そうだ。

大村克之

大村克之

稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

リバティアイランド「異次元の末脚」を超えた破壊力!? 桜花賞はあの馬に要注意のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”