GJ > 競馬ニュース > 3億円超で取引された「最後の大物候補」が復帰間近? 海外では「頂上対決」の実現も…まだまだ熱いディープインパクトの産駒たち
NEW

3億円超で取引された「最後の大物候補」が復帰間近? 海外では「頂上対決」の実現も…まだまだ熱いディープインパクトの産駒たち

3億円超で取引された「最後の大物候補」が復帰間近? 海外では「頂上対決」の実現も…まだまだ熱いディープインパクトの産駒たちの画像1
撮影:Ruriko.I

 3月30日に行われるドバイシーマクラシック(G1)。昨年はイクイノックスが完勝を収めた舞台に、今年も日本からはリバティアイランド、スターズオンアース、ジャスティンパレス、シャフリヤールと豪華G1馬が揃う予定だ。

 海外からは、ディープインパクト産駒のG1・5勝馬オーギュストロダンも参戦予定。同父のジャスティンパレス、シャフリヤールとの対決が実現する運びだ。

 数少なくなってきた産駒同士による、現役屈指のマッチアップ。ジャスティンパレスにとっては初の海外だが、昨年の天皇賞・春(G1)以来の勝利を掴めるか。また、海外経験に富んだシャフリヤールは、2年前の同レース以来となる復活勝利を果たしたい。

 国内においてもディープインパクト産駒は今年、プラダリアが京都記念(G2)を制覇。サリエラがダイヤモンドS(G3)2着、ドーブネが中山記念(G2)2着と未だ存在感を放っている。

 そんな父のラストクロップはオーギュストロダンに代表される現4歳世代であり、JRAの現役馬は残り4頭。母数が少なく、昨年のクラシック戦線での活躍も見られず「世代交代」を惜しむ声もあったが、ここに来て盛り返しの予感がする。

 24日の阪神7Rでは、スイープアワーズ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が7ヶ月ぶりの2勝目をマーク。母はG1・3勝馬スイープトウショウ、取引価格2億2000万円の貴重な1頭が、鞍上の武豊騎手に「クラスが違う」と言わしめる勝ち方を見せた。

 また、ライトクオンタム(牝4歳、栗東・武幸四郎厩舎)は昨年のターコイズS(G3)で14番人気5着、4日の小倉日経オープン(OP)でも3着と健闘した。昨年のシンザン記念(G3)勝利後は振るわなかったが、復活の兆しと言えるだろう。

「最後の大物候補」が復帰間近?

 奮闘を続ける最終世代からもう1頭、昨年のきさらぎ賞(G3)を最後に休養中だったオープンファイア(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)も帰厩が報じられた。

 きさらぎ賞では2着に敗れこそしたが、上がり3ハロン最速の33.8秒は、1着フリームファクシのそれを0.4秒も上回った。セレクトセールでの落札額は3億3000万円と超高額であったことから、まさに「最後の大物候補」に期待したい1頭だ。

 当時、鞍上のB.ムルザバエフ騎手も「子供っぽいところが多くて、成長を見ていけばすごい馬になると思う」と評価。それから間隔は空いてしまったが、成長した姿を見せられるか。調整が順調に進めば、近いうちに復帰戦が見られるだろう。

 近年ではリーディングサイヤーを争うキズナの産駒を筆頭に、孫の世代から有力馬が多く出ているが、ディープインパクトの仔もまだまだ注目を集めそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

3億円超で取引された「最後の大物候補」が復帰間近? 海外では「頂上対決」の実現も…まだまだ熱いディープインパクトの産駒たちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?