GJ > 競馬ニュース > 皐月賞【モモーイの超!大穴でグッジョブ!】
NEW

【皐月賞】桃井はるこの本命馬は牝馬レガレイラではない!? 穴党クイーンのイチオシは?【モモーイの超!大穴でグッジョブ!】

【皐月賞】桃井はるこの本命馬は牝馬レガレイラではない!? 穴党クイーンのイチオシは?【モモーイの超!大穴でグッジョブ!】の画像1

 4月ははじまりの季節ですね! 新入学、就職、転職、お引越しなど新生活がはじまった方も多いですよね。この原稿を書いている私の部屋の窓の外では、桜が満開です。

 私、この季節になると妄想することがあるんです。それは、桜前線を追って自分も南から北上して日本全国を旅したいという夢です。桜の花とともに、ローカル列車を乗り継いで、無計画にのんびり旅をするんです。知らない土地の道を歩いて、おもちゃやさんや古本屋さんに寄ったり、神社仏閣にお参りに行ったりしながら、いろんな場所の花の写真を撮ってみたいなぁ。

 さて、桜の花といえば、先週の桜花賞(G1)ではステレンボッシュが見事な勝利をおさめましたね! 曾祖母がウインドインハーヘアという血統を見て、また、彼女が繋養されているノーザンホースパークにも遊びにいきたいなと思うのでした。

 2019年に一人旅した北海道で逢ったウインドインハーヘアは、私が柵の外でカメラを使い、自撮りをしていると、近づいてきてツーショットでフレームに収まってくれる穏やかで優しい馬なのでした。さすが競馬史に残る名牝です。

 牝馬といえば……今年の皐月賞(G1)にはレガレイラが出走しますね。真っ先に思いだすのは2017年皐月賞に挑戦したファンディーナのことでした。結果は7着でしたが、GJのインタビューでも本命に推し応援できたのはいい想い出です。ちなみにグレード制施行(1984年)以降、皐月賞に出走した牝馬はダンスダンスダンス(1991年5着)、バウンスシャッセ(2014 年11着)、そしてファンディーナのたった3頭のみなのです。レガレイラの私の見解は……後ほどお話ししましょう。

桃井はるこの推しウマ!

 ◎は、ウォーターリヒトです。前走スプリングS(G2)では2人気に推されながら9着だったので人気を落としていますが、そこがねらい目ですよ。極端にスローペースなレースながら、上がりは33秒5をマークしており、展開が向かなかっただけということで度外視できるでしょう。

 きさらぎ賞(G3)では、ビザンチンドリームに2着と敗れるもハナ差、大変惜しい競馬でした。その前のシンザン記念(G3)でも3着。幸英明騎手が継続騎乗しているのもプラスでしょう。同じドレフォン産駒のジオグリフは皐月賞(2022年)をイクイノックスとドウデュースを下して勝っており、そして母父のヴィクトワールピサも皐月賞馬という血統的裏付けもあります。これは……爆穴を的中させてしまうかもしれないです。

 〇は、レガレイラです。前走ホープフルSでは、G1で牡馬に圧勝、4分の3馬身差、最後流していて着差以上に強かったように思います。時計的にもホープフルSがG1に昇格してから一番速く(2:00.2)、牝馬だから、そしてC.ルメール騎手が負傷のため継続騎乗できないことで人気を落としていますが、歴史的偉業を目撃できるチャンスだと思いますよ。

 でも、きっと1番人気になるでしょうから(このオッズ予想が外れたりして。汗。)このコーナーの趣旨には外れるのですが、対抗に指名して応援しますよ!

 ▲コスモキュランダです。前走の弥生賞ディープインパクト記念(G2)では向こう正面から猛烈な脚でロングまくりしてポジションを上げ、そのまま一頭伸びて勝利しました。

 乗り替わりになるJ.モレイラ騎手には先週の桜花賞に続いて勝利し、JRAでの短期免許取得条件をクリア(当該年または過去2年でJRAのG1を2勝以上)するという目標もあると思います。父のアルアインも皐月賞馬ですし大いに期待できると思っています!

 △は、メイショウタバルです。重馬場で、ずっとインを走って直線でさらに伸びて逃げ切り勝ちした前走の毎日杯(G3)、強かったですねー! 先行馬で残るならこの馬かなと思って印をつけました。

 でも意外と皐月賞って、逃げ切り勝ちが少ないレースなんですよね。それから、前走が6馬身差をつけた圧勝だった分、出走間隔が2週と短いことが「見えない疲れがあった」とならないといいなぁって、ちょっと心配。でも疲れがあるとしたら調教を軽くしたりするかもしれませんがそのような様子はないですから、実力を発揮してくれそうかなと思います。

 ちなみに、母の名はメイショウツバクロ。その名前から連想されるのは、私が贔屓にしている東京ヤクルトスワローズのマスコット、つば九郎です。4月9日で登場から30周年を迎えたそうですよ。子供の頃、つば九郎が初めて登場した頃のことをよく覚えていますよ。

 当時は「ウインクができる」というのが売りで、やたらとウインクしていた記憶があります。ちょっとニヒルなイケメンキャラでしたが、今はすっかり丸く、しかし舌鋒は鋭くなられましたね。つば九郎さんも競馬を嗜まれますが、メイショウタバルを本命にしないのかな?

 さぁ、夢見るのが大好きな女モモーイの見解、どう思われましたか? のるかそるか! ここまで読んでくれたあなた、ありがとうございます。どのように参考にするかはあなた次第です……一緒に皐月賞でグッジョブ!しましょうね。今年度もよろしくお願いします!
(文=桃井はるこ)

【皐月賞】桃井はるこの本命馬は牝馬レガレイラではない!? 穴党クイーンのイチオシは?【モモーイの超!大穴でグッジョブ!】の画像1
神宮球場で野球観戦! 合成みたいに見えますけど現地です(笑)

告知!

告知-
●6/15(土)ワンマンライブ「Momoi Haruko Early Summer Live 2024 『Drops -ドロップ-』」開催決定!
会場:渋谷REX 昼夜2部制 オールスタンディング
5/4(土)10:00~カンフェティにて前売り一般チケット発売開始

(https://www.confetti-web.com/momoi-haruko2406)

●アニソンライブ『Pure Soul Live 2024 Spring』に出演決定!
会場 横浜みなとみらいブロンテ
日時2024/4/20(土) 開場13:00/開演13:20
詳細とチケットの購入はこちら

(https://stand-up-project.jp/schedule/34982)

●SUZURIにてモモーイがデザインした干支ドラゴングッズ(イラスト:まがりひろあき)を販売中!

※4/14(日)までセール中(https://suzuri.jp/Momoichan

●「モモーイ党せーけん放送」
毎月1回押上 WALLOP放送局にて公開生放送。
(https://www.wallop.tv/archives/discography/momoi)

その他最新情報
桃井はるこ公式ホームページ http://rg-music.com/momoi/
桃井はるこX https://twitter.com/momoiktkr

【皐月賞】桃井はるこの本命馬は牝馬レガレイラではない!? 穴党クイーンのイチオシは?【モモーイの超!大穴でグッジョブ!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想